FC2ブログ

平成30年8月子ども教室第1回

平成30年8月11日(土)、苫小牧市文化会館で子ども教室を行いました。

20180811⑬
師範の日浦市郎八段におこしいただきました!

20180811⑦
さっそく指導対局 当支部の小学生エース

20180811⑨
こちらは中学生エース

20180811③
入門・初級のみなさんは8枚落ち講座を

20180811⑤
マンツーマンでフォローアップ

20180811⑰
熱心に聞き入る生徒さんたち

20180811⑲
キチンと集中して授業をうけています

20180811②
いざ実戦! 初級クラスの生徒さんたち

20180811④
緊張と期待がいりまじる

20180811二一
終盤の難所 はたして乗り切れるか?

20180811二五
軽やかに4面指しをこなす日浦先生

20180811⑫
入門クラスのお勉強は続きます 

20180811①
有段者の生徒さんが指導を手伝ってくれました うまく飛先突破ができたね

20180811二三
こちらはオリジナルの右四間飛車戦法!

20180811⑥
さあ おそわったとおりにできるかな!? 

20180811⑳
がんばれ! がんばれ!

20180811⑭
こうして16人の生徒さんがぶじ対局をおえました

20180811二六
日浦先生の講評

入門・初級コースの生徒さんは、8枚落ち、9枚落ち、10枚落ちを中心に、計11局を教わりました。日浦先生からは、「飛角や金銀をただでとられないようにしましょう」「はやめに飛角をなりこむようにしましょう」というご講評をいただきました。
中上級コースの生徒さんは、2枚落ちを中心に計5局を教わりました。飛香落ちで2勝したのはうれしい誤算でした\(^o^)/
日浦先生 熱心なご指導ありがとうございました! 指導に関わられたみなさまもお疲れ様でした!

<文責 大谷和広>
スポンサーサイト

平成30年7月子ども教室第2回

平成30年7月28日(土)午後1時から午後3時まで、苫小牧市文化会館で子ども教室を行いました。
本日は 入門クラス9名 初級クラス7名 中上級クラス6名でした。

20180730233418bda.jpg
前半は入門の講座(3手の読み) 後半は初級の講座(棒銀の攻めかた)

20180730233433d8e.jpg
講座に集中する初級の生徒さん 奥は入門の生徒さんが真剣に対局しています

201807302334038a6.jpg
詰め将棋を解く中上級の生徒さん 志摩君は立ったままで疲れないのかな(^∇^) 


次回の子ども教室は平成30年8月11日(土)午後1時から苫小牧市文化会館で行います。
生徒さんを募集しております。お問い合わせは tomakomaishogi-receiveonly☆yahoo.co.jp まで。
※ ☆を@に変えてご送信下さい

<文責 大谷和広>

平成30年7月子ども教室第1回

平成30年7月7日(土)午後1時から午後3時まで、苫小牧市文化会館で子ども教室を行いました。

本日、入門クラスには9名のお子さんが参加してくれました。
教えながら撮影はできないので(#^.^#)、写真がありません。どんな問題をやったか紹介します。

2018-07-08c.png
どの持ち駒をどこに打ったら詰みか、という問題 意外にかんちがいがありました

2018-07-08a.png
棒銀 「歩のカベは歩でくずす」 次の手が当たり前になれば入門クラス卒業は近い


入門クラスは、前半1時間は、上の図面のような簡単な詰み、基本的な戦法や手筋を習います。後半1時間は生徒どうしの実戦です。今回も5局~6局と指した子がたくさんいました。「習うより慣れろ」で最初はそれでよいのだと思います。


初級クラスは9名の参加でした。こちらも前半で生徒同士の実戦をやりますが、強くなるとある程度時間を使って慎重に考えますので、自然と1時間に2~3局のペースになります。後半は講座や詰め将棋をやっています。

2018-07-08d1.png
今回の詰め将棋は「打ち歩詰め」「空き王手」の両テーマ 図はちょっと背伸びした3手詰め

2018-07-08b.png
講座は入門と同じ棒銀 「銀交換をした後どう攻めるか」がテーマ 図は角の打ち込みが鬼厳しい


今示した図が簡単すぎる! もっと歯ごたえのある問題を! という子は、ようこそ魅惑の中上級クラスへ。今回は11名参加(うち大人2名)でした。

20180707221937224.jpg
YOUも! YOUも! そしてYOUも! みんな詰め将棋を解くのが早すぎるよ!


日本将棋連盟苫小牧支部では月2回、土曜午後1時~3時、子ども教室を行っています。
お問い合わせは tomakomaishogi-receiveonly☆yahoo.co.jp (☆を@に変えてご送信下さい) まで。

<文責 大谷和広>

 ☆ 図面の正解(白黒反転してごらんください)

<入門クラス> 
詰め将棋 ▲2二銀 (▲3二銀は△2二玉、▲3四香は△3三歩合で逃れ)
実戦図  ▲2四歩 (「合わせの歩」の手筋 △2四同歩▲2四同銀で棒銀が前に進み角頭が受からない)
<初級クラス>
詰め将棋 ▲3六歩 △2七玉 ▲3五歩 まで3手詰 (歩を2手連続で伸ばして空き王手する)
実戦図  ▲6一角(▲5二銀、▲4三角成△同金▲2三飛成、▲8三銀など複数の狙いが同時に受からない)

平成30年6月子ども教室第2回

平成30年6月23日(土)午後1時00分から苫小牧市文化会館で子ども教室を行いました。

20180623172235442.jpg
入門クラスは9名(うち見学3名) 志田先生担当 成って詰ます 数の攻め 実戦をやりました

201806231723117a9.jpg
初級クラスは12名 大谷が担当 実戦 詰め将棋(1手~5手) 棒銀戦法の復習をしました

2018062317233680c.jpg
中上級は8名(うち大人1名) 中條支部長担当 ついに詰将棋の解答競争であのYさんを破る子が!

支部では、生徒さんだけでなく、講師のほうも募集しています。
「駒落ち将棋を指すだけなら」「1時間程度なら」でも、とても助かります。
指導をお手伝いいただける方、見学フリーですので、ぜひ一度会場まで。

次回は平成30年7月7日(土)午後1時00分から苫小牧市文化会館で行います。

<文責 大谷和広>

平成30年6月第1回子ども教室

平成30年6月9日(土)午後1時から午後3時まで、苫小牧市文化会館で子ども教室を行いました。
今日は市内の小学校の多くで運動会が開催されていたため、参加人数はふだんより少なめでした。
今回は、各クラスでどんな問題を解いているか、ご紹介したいと思います。

    2018-06-09a.png
入門クラス(将棋のルールをおぼえて間もない生徒さん)は、5名の生徒さんが参加しました。
図(正解は文末)のような1手詰めを6問、基本的なことを確認しながら、みんなで解いてみました。

    2018-06-09b.png
初級クラス(振り飛車や矢倉といった基本的な戦法が使える生徒さん)は、7名の生徒さんが参加しました。
いつも、1手詰め12問、3手詰め4問、5手詰め4問を30分くらいで解いてもらっています。
今回は香と桂をテーマにした作品を集めました。図は3手詰めです(正解は文末)

    2018-06-09c.png
中上級クラス(おおむね5級以上、有段者も多数)は、6名が参加しました。
詰め将棋は、肩慣らしに、難しめの5手詰めを8問、時間を決めて解きます。
それから7手~13手の詰め将棋を4問。手数が長めの難解な問題にも取り組んでいます。
図は5手詰めです(正解は文末)。腕自慢の方でも、考え込んでしまいます。こんな難しい問題を子どもたちがドンドン解いてしまうのだから驚きですね(#^.^#)


子ども教室では、生徒さんを常時募集しています。
見学もできますので、お気軽にお問い合わせください。
ご連絡先は右パナーをクリックし、ご確認下さい。代表メールまたは中條支部長までおねがいいたします。

(文責 O)

詰め将棋の解答 ↓↓↓↓ (白黒反転でみられます)

<入門クラスの解答>
▲2三金 まで1手詰め
金を玉でただ取りされないように、「味方の香の効いているところから金を打つ」のがポイントです。
なお▲2四金もとてもよい手です。ただ、打った金が香の効きをさえぎってしまうので、△2二玉と逃げられます。 

<初級クラスの解答>
▲1四香 △2二玉 ▲1二香成 まで3手詰め
初手▲1四香は、玉を危険なマスにおびきだすねらいです。△1四同玉と取れば、▲2四馬で詰みます。
△2二玉と逃げる手に対しては、▲1二香成と香を成って王手します。これを▲1二馬とすると、馬の3三への効きが外れてしまうので、△3三玉と逃げられます。注意しましょう。

<中上級クラスの解答>
▲3二銀 △1三玉 ▲2二銀不成 △同馬 ▲3一角成 まで5手詰め
初手▲4二角成としたくなりますが、△3三香と合い駒されて詰みません。△1一馬が守りによく効いています。
初手▲3二銀は、△3二同玉だと▲4二角成で早詰み。しかし2手目△1三玉と逃げられたときが問題です。角をどこに動かして空き王手をしても、2三や3三に合い駒されて、詰まないようにみえるからです。
この合い駒をさせないようにする(合い効かず)テクニックが、チェスでいう「ピン」(守備駒のくぎづけ)です。3一にある銀を▲2二銀不成と捨て、銀がいなくなったマスに▲3一角成とします。一見、詰んでいるように見えません。しかし3一馬が1三玉を間接的に王手しているので、2二にいる守りの馬がピン(くぎづけ)で、動けないのです。2三や3三に合い駒しても、すべて▲同龍と取れます。従って、合い駒ができず(合い効かず)に詰み、ということがわかります。

平成30年5月子ども教室第2回

平成30年5月12日(土)午後1時00分から午後3時00分まで、苫小牧市民会館で子ども教室を行いました。

20180512174928e5d.jpg
入門クラス7名 志田先生ほか副担任数名 1手詰めの復習とどうぶつしょうぎ+本将棋の対局

20180512175004dec.jpg
初級クラス15名 大所帯となりました 真剣な対局風景 このあと大谷が中飛車の講座をやりました

201805121748425de.jpg
中上級クラス12名(うち大人2名) いつもの詰め将棋トライアル 初めて見えた大人が息を呑むほどの集中力

今回も大変な盛況でした。参加された生徒の皆様、お連れいただいた保護者の方々、ありがとうございました。
なお、「LOS ANGELS」のロゴ入りのつばのある黒の帽子、「TULLY’S COFFEE」のカラフルな縞模様のペットボトルカバーをお忘れになった生徒さんがいます。心当たりのある生徒さんは、中條支部長が預かっているので、連絡のうえ回収してください。

(文責 O)

子ども教室

平成30年5月5日(土)午後1時00分から苫小牧市文化会館で子ども教室を行いました。
ゴールデンウイークの中日でしたが、今回もたくさんの生徒さんに来てもらいました。

201805051744299d9.jpg
入門コースは4名 金銀桂香の特徴を勉強しました 「香で王手されたら?」 「歩で合い駒!」

2018050517444083f.jpg
初級クラスは10名 前半は対局、後半はワンパク中飛車の指し方の続きと詰め将棋をやりました

201805051744490b0.jpg
中上級クラスは10名 大人も3名いましたが、難解な詰め将棋に頭を抱えていました 

次回の子ども教室は、平成30年5月12日(土)午後1時00分から行います。
次回は、いつもの文化会館ではなく、苫小牧市民会館です。場所間違えないでね!

指導対局会1

平成30年4月21日(土)、小中学生子ども教室の特別バージョンとして、阪口悟五段の指導対局会を行いました。

201804221710268a3.jpg
まずは阪口先生からのご挨拶

20180422171200ad4.jpg
入門クラス6名、初級クラス12名、中上級クラス10名の盛況でした

201804221709367e5.jpg
「質問はないかな?」 阪口先生のきさくな呼びかけに、いっせいに生徒さんの手が挙がりました
「将棋の勉強は1日どのくらいしているんですか」 「強くなるにはどうしたらいいんですか」

20180422170815e0b.jpg
さっそく指導対局スタート 9枚落ちから2枚落ちまで思い思いの手合いでいどみます

201804221711026ca.jpg
皆さん真剣な表情で盤上に集中しています

2018042218191235d.jpg
指導対局の合間に、入門クラスは駒の動きからお勉強

20180422181845772.jpg
初級クラスは入門からの編入生が一気に増えました。

201804221819350cf.jpg
黙々と詰め将棋に取り組・・・・むわけにもいかないようで、講師から大目玉を食らう一幕も

20180422170800f8b.jpg
入門クラス(右)、初級クラス(左)に分かれて大盤でのお勉強

2018042217082648c.jpg
地元の大阪府高石市で将棋教室を開講され、多面指しはお手のものの阪口先生


阪口先生には、約3時間にわたり、なんと19局もご指導いただきました!
生徒たちにはとても貴重な経験となりました。

(文責 O)



平成30年4月第1回子ども教室

平成30年4月14日(土)、苫小牧市文化会館で、子ども教室を行いました。
3月25日のどうぶつ将棋体験会が大変盛り上がったとのことで、例年以上の参加者を予想して出勤したのですが・・・

20180414172139a25.jpg
入門クラス 体験希望者含め19名 大盤の講師の王をみんなで力を合わせて追い詰めるゲームをしました

20180414172119060.jpg
対局場もこんな感じ 大盛況でした

20180414172159ef5.jpg
静かに着実に詰め将棋を解きすすめる初級クラス8名

201804141722124c3.jpg
中上級クラスは12名 2チームに分かれて詰め将棋の競争を行いました


次回は平成30年4月21日(土)午後1時から苫小牧市文化会館です。
阪口悟五段が特別ゲストとしていらっしゃいます。
阪口先生といえば「ワンパク流中飛車」。そして、あの中学生棋士:藤井聡太当時四段と29連勝中に対戦し、あと半歩のところまで追い詰めたのは記憶に新しいところです。プロ棋士の指導対局が受けられる貴重な機会です。ふるってご参加下さい!

(文責 O)

子ども教室

平成30年3月10日(土)午後1時00分から、苫小牧市文化会館で、今年度最後の教室を行いました。


20180310195720e7a.jpg
入門クラスは9名 まずは志田先生の基礎講座から

20180310195539cb1.jpg
対局風景 引越で今回が最後の参加となった子もいました 新天地でも将棋は続けてね 


20180310195914726.jpg
初級クラス8名 緊張感漂う対局風景 しかし痛恨の王手見逃しもちらほら(;゜0゜)

20180310195647dbe.jpg
入門クラスの昇格者も来月から加わります 頑張ろうぜ! 


20180310195805b7c.jpg
中級クラス 13名参加(うち大人3名) 中條先生が順位戦の大一番を解説してくれました

20180310195825793.jpg
今日は大学生となられた元生徒さんがご挨拶に来てくれました 歴史の長い苫小牧教室ならではの光景です 


なお本日も大人数が集まったためか、「どうもジャンバーを取り違えて帰った子がいたらしいが、いったい誰なのか特定する手がかりがない」という名探偵コナンばりの難事件(?)が発生。中條先生と1時間半以上、夕暮れの市内を西に東に奔走しました。
忙しい夕食時に「お子さん、ご自分のジャンバー着て戻られましたか!?」と唐突な電話をかけまくったにもかかわらず、大変丁寧にご対応くださいました保護者の皆様、本当にありがとうございました。

新年度の子ども教室第1回は、平成30年4月14日(土)午後1時から苫小牧市文化会館で行われます。

(文責 O)
プロフィール

日本将棋連盟苫小牧支部

Author:日本将棋連盟苫小牧支部
FC2ブログへようこそ!当支部へのお問い合わせは…tomakomaishogi-receiveonly☆yahoo.co.jp
※☆を@に変えてご送信下さい。

小中学生将棋教室生徒募集中!
180224_とまこむ記事
お問い合わせは支部メールにてお願いします。
カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR