FC2ブログ

イオン小学生大会

平成31年4月29日(月)、イオンモール苫小牧1F セントラルコート特設会場にて、小学生将棋王将戦が行われました。

20190429181223d88.jpg
「第1回」 いい響きです

小学生低学年の部は、午前中の予選を勝ち抜けた12名が午後からの本選トーナメントに参加、4名の選手が入賞しました。
1位:松本和樹(まつもとかずき)くん
2位:高橋侑我(たかはしゆうが)くん
3位:中尾駿斗(なかおはやと)くん
3位:小西波葵(こにしなみき)さん

20190429181205ac1.jpg
上位4名は実力も拮抗 将来が楽しみです

小学生高学年の部は、午前中の予選を勝ち抜けた21名が午後からの本選トーナメントに参加、4名の選手が入賞しました。
1位:一戸颯太(いちのへふうた)くん
2位:勝田泰斗(かつたたいと)くん
3位:小平行真(こだいらいくま)くん
3位:星貴就(ほしきづき)くん

20190429181237e35.jpg
運命のいたずら 一戸VS志摩戦がなんと1回戦で実現

 久津知子女流二段の入門講座と指導対局にも、多くのお子さんや保護者の方々にご参加いただけました。イベントを知らずにたまたま通りかかったお客様にも目に留めていただけたようです。
 いつもおなじみ、日本将棋連盟苫小牧支部の会員たちも、微力ながら本日運営をお手伝いさせていただきました。大会が大いに盛り上がり、お越しになった皆さんに楽しんでいただけて、満足です。

 このような大勢の家族が集う明るく楽しい場所で将棋大会が開催されてよかったです。主催のイオン北海道様には感謝申し上げます。また是非宜しくお願いいたします。

 なお扇子のお忘れ物がありました。イオンモール苫小牧に預かってもらいました。お心あたりのお子さんは(0144-51-3300)にお問い合わせ下さい。
 
201904291811317dd.jpg
藤井聡太「四段」の扇子と支部長の「また来てね」スマイル

<文責 大谷和広>
スポンサーサイト

朝日職団戦2019

平成31年4月28日(日)、札幌の「かでる2・7」にて、第56回朝日職場対抗戦将棋大会が行われました。
Sクラス6チーム、Aクラス18チーム、Bクラス11チーム、総勢35チーム105名が出場しました。
苫小牧からは苫小牧A(金山祐介・西村陽平・大谷和広)とチーム振飛車(青沼真一・奥田義広・小平行真)2チームが参戦しました。

同じAクラスに出場ということもあり、開始前「18チームもあったらまさか同門対決はないよね」と雑談をしていたのですが、最終4回戦でそのまさかの同門対決が実現してしまいました!
3回戦までの勝ち数、勝ち点が両チームでなかよく同じのため、スイス式トーナメントでは対戦を避けられないのでした。

201904281753288db.jpg
最後まで残った青沼VS金山戦を見つめる両チーム

青沼真一さんはチーム名どおり振り飛車銀冠で金山祐介さんの居飛車穴熊に対抗しました。終盤は千日手含みで穴熊にくいつき、長手数のすえ、ついに青沼さんが勝利をもぎ取りました。

2019042817522092e.jpg
総合3位で満面の笑顔

20190428175248a63.jpg
肩を落とす3名

両チームとも、1回戦は1-2負けで裏街道、2回戦と3回戦は3-0という、まったく同じ展開でしたが、最後に明暗が分かれました(*゚ェ゚*) 平成最後の団体戦を満喫した一日でした。

<文責 大谷和広>

男の勲章

♪ 詰ますことは男のたったひとつの勲章なんて ♪
♪ この胸に信じて生きていく ♪

20190414173337915.jpg
例会3回戦 志摩隆平四段対工藤司五段

201904141732550e6.jpg
△9三桂で▲8五金を取った局面 先手玉の詰みを30秒で読みきろう

正解は白黒反転
▲8二桂成 △同玉 ▲9一角 △7一玉 ▲8二金まで5手詰め
簡単な詰みにみえるが、要の▲9五香が△6二角で素抜かれる形で、後手玉は9三や7三に脱出口があるので、盲点に入ると苦戦する。 

<文責 大谷和広>

基本から学ぼう

今回も月例会の将棋から基本の寄せ方を勉強してみましょう。

20190310174814a5a.jpg
青沼真一七段VS石井尚輝初段の二枚落ち戦

201903101748388e0.jpg
いろいろな勝ち方があるが 石井君は筋よく詰めろをかけた 「玉の腹から?を打て」

(正解は白黒反転)
▲7二銀 次に▲7一馬が厳しい 以下数手で上手が投了

20190310174655db2.jpg
中林正樹二段VS牧山聖弥10級の7枚落ち戦

20190310174719e9c.jpg
上手が△8五玉と待望の桂を補充しました 3手詰みが生じています
 注: 持ち駒の飛を下手が右手に握って考え込んでいる場面です

(正解は白黒反転)
▲8六飛△7五玉▲6四馬まで 最終手がみえにくかった

<文責 大谷和広>

みごとに詰ましたで賞

本日の月例会で、みごとに詰ました場面をピックアップしてみました。

20190217172019445.jpg
3回戦 島田輝生7級VS高橋一徳初段 戦

2019021717195549c.jpg
手順はすこし長いが並べ詰み 島田君は確実に寄せた

201902171719308be.jpg
3回戦 石川博幸4級VS工藤司五段 戦

201902171718208fc.jpg
石川さんは入玉のプレッシャーをはねのけ5手で詰ました

201902171905471bd.jpg
1回戦 中林涼太二段VS青沼真一七段 戦

20190217190428176.jpg
中林君が駒音高く5手で詰ました 2九の馬が活躍

<文責 大谷和広>

黄金世代誕生か

 平成31年1月6日(日)、北海道新将棋会館で行われた第12回北海道将棋グランプリで、石井尚輝くんがゴールドカップ(有段者の部)に出場。強豪19名参加のなか、3勝1敗のすばらしい成績でした。石井梨奈さんはシルバーカップ(級位者の部)にチャレンジ、1勝3敗でがんばりました。
  →→ 札幌将棋情報ブログ
 

 平成31年1月13日(日)、苫小牧市文化会館で行われた新春指し初め会、次の一手名人戦で中林涼太くんが吉田正明さんに3枚落ち(飛・角・右香)で挑み、42手で完勝しました。対局のもようを振り返ります。

図は下手の右四間飛車を上手が矢倉で受け止め、銀桂交換に甘んじた場面。ここから下手が一気に決めます。
涼太くんの指した次の一手をお考え下さい。

2019-01-14d.png
飛を成って攻めるのがわかりやすい


・・・・・正解は・・・・
▲5四銀! △5五銀が浮いているので、△5四同金と応じるしかありません。飛筋がキレイに通り、下手は▲4二飛成と狙いを実現しました。上手が△7三玉とかわしたところで、再び涼太くんの次の一手をお考え下さい。

2019-01-14e.png
思い切って踏み込む


・・・・正解は・・・・
▲5五角! 角を捨て銀を補充し、上手玉を一気に寄せようとする手です。上手は△5五同金とし、下手の▲6二銀に△8四玉としました。 ここで涼太くんに詰みを読みきった決め手がありました。

2019-01-14f.png
上手玉はあんがい狭い 


・・・・正解は・・・・
▲3三龍! 龍も捨て金を補充しました。△3三同桂に▲8五銀!で上手投了。△8五同玉▲7七桂△7六玉▲8六金までピッタリの詰みです。


石井尚輝くんも中林涼太くんも小学6年生。渥美陽太くんとともに黄金世代を形成する予感があります。

<文責 大谷和広>

支部会員大忙し

本日、新しくなった将棋会館(中央区南2西10ダイメックス札幌南2条ビル)で行われた自民党総裁杯全道大会には、苫小牧支部から、A級2名、B級3名が参加しました。

201812021748002e6.jpg
A級32名の成績 田中聡一郎さんは苫小牧民報杯に続いての栄冠

20181202174746057.jpg
B級32名の成績 杉浦くんは鵡川ししゃも大会でも大活躍しましたね


いっぽう苫小牧市内では、花園町町内会囲碁将棋まつりに多くの愛好家が参加しました。

20181202174715782.jpg
対局のようす

20181202174729d9a.jpg
大盤で将棋の指し方を教える吉田さん


支部会員のみなさま、一日おつかれさまでした。

<文責 大谷和広>

前多支部長を偲び

 将棋仲間「天国で指している」

ししゃも大会を振り返り、この記事のことをふと思い出しました。

<文責 大谷和広>

なつやすみのいちにち



♪♪  脳内BGM 「菊次郎の夏」  ♪♪



20180726191953503.jpg



2018072619212395c.jpg



20180726192043d83.jpg



2018072619240068e.jpg



20180726192416b89.jpg



「とてもたのしかったです またいきたいです」
      
     BY ようた・りょうた・れんと



<文責 大谷和広>

棋力認定会とは?

「棋力認定会って何をやっているんですか」とよく聞かれます。
要するに指導者と駒落ち将棋をたくさん指す日です。
当日の様子を写真で紹介しましょう。

20180721183822e80.jpg
参加者はお子さんから年長者までさまざま 長机を8面 ロの字に並べます

201807211838443b3.jpg
指導者が ロの字の四隅内角に座ります

20180721183927b5b.jpg
各人の段級位に応じて指導者が駒を落とし 同時に3面~4面を指します 

20180721183754d30.jpg
○×の横の算用数字が駒落ちの手合い できるだけ指導者全員と指します

終了後 指導者が各人の成績を総合考慮し 段級位の認定をします。
「2枚落ちの鬼」こと技術指導主任の吉田正明さんが、勝敗の集計後、ブログを更新します。

月1回、土曜か日曜の午後に行っています。
具体的な開催日と会場は、当ブログに月1で掲載する「来月の予定」をご確認下さい。

参加者はたくさん指せて、勝てばとても褒められます。充実した気持ちで帰宅されるようです。
指導者は午後1時から午後5時前くらいまで立ちぱなしで指し続け、足腰にかなり来ます(。-_-。)

<文責 大谷和広>
プロフィール

日本将棋連盟苫小牧支部

Author:日本将棋連盟苫小牧支部
FC2ブログへようこそ!当支部へのお問い合わせは…tomakomaishogi-receiveonly☆yahoo.co.jp
※☆を@に変えてご送信下さい。

小中学生将棋教室生徒募集中!
180224_とまこむ記事
お問い合わせは支部メールにてお願いします。
カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR