FC2ブログ

日露チェス&将棋交流会

平成30年6月27日(水)午後6時から、COCOTOMAラウンジで、ユジノサハリンスクから観光にみえられた学生さん10名および先生との交流会を行いました。

20180627220050b99.jpg
将棋・チェスを通じて相手の国の文化への理解を深めるというねらいです

20180628190124c3d.jpg
開会挨拶の光景 ラウンジを埋め尽くす人 人 人

20180628185938a2a.jpg
苫小牧名物ホッキカレーは好評でした

20180628185910dd6.jpg
おいしいものをいただくと笑顔になるのは万国共通ですね

20180628194623756.jpg
おなかが満たされたところでいよいよ交流スタート サハリン探検が夢という香島さん

20180627215843193.jpg
持ち時間はロシア15分 日本5分 今日は青沼さんも早指しです

2018062722000649d.jpg
将棋でもチェスでも対局姿勢はかわらず いつも全力投球

2018062818492956f.jpg
このようにネームプレートを置いて対戦します 二人とも対局マナーがすばらしいです

201806281945558a5.jpg
こちらは将棋のようす 奮発してちょっとよい盤駒をもってきました

201806281851297a2.jpg
夜間の開催でしたが 石井尚輝くん 石井梨奈さん 牧山聖也くんが参加してくれました ありがとう!

2018062721535024a.jpg
感想戦のようす どの手がよかったかを通訳してくれます

20180628185015adf.jpg
真剣に読みをいれています

201806281848130d8.jpg
少年の想定外の強さに驚いたようです

201806272157333e5.jpg
「相手はストロングだった ぼくのルーク&ポーンアタックが成功した ベストゲームに満足さ」

2018062819450795f.jpg
国際交流の雰囲気がとても似合う伊澤さん

201806281846483e0.jpg
若く柔軟な頭脳から繰り出される鋭い攻め筋に苦戦中の工藤さんと大谷

20180628190010a24.jpg
エンディングの指導には手がまわりませんでした ちょっと難しかったです( ノД`) 惜しくもドロー

20180627215129073.jpg
日露イケメン決定戦 はたして勝敗は!?

201806272151037a7.jpg
終局し かたく握手をかわす若者2名 すがすがしいですね

20180628185241a5b.jpg
濃密な文化交流にみな大満足! 全員で記念撮影となりました


参加されたみなさま お疲れ様でした! ありがとうございました!

<文責 大谷和広>
スポンサーサイト

名人戦解説会

平成30年4月22日(日)午前10時から苫小牧駅前COCOTOMAで名人戦解説会を行いました。
4月20日・21日の両日にわたって行われた名人戦第2局 佐藤天彦名人対羽生善治竜王の対戦を、阪口悟五段に解説いただきました。

2018042219510414f.jpg
28名参加の盛況 アマ級位者にとって分かりにくい角換わり腰掛銀の序盤を明快に解説 

20180422195121832.jpg
会場の質問にも一つ一つ丁寧に答えていく誠実な姿勢が好評でした

20180422194542a94.jpg
あれ? 阪口先生、これ本当に詰むんですか?   * マジでけっこう悩みました( ノД`)

(文責 O)

指導対局会

今週末、名人戦大盤解説会の解説者として来苫される阪口悟五段の指導対局会についてご案内します。

解説会
↑クリックすると拡大表示します↑

① 平成30年4月21日(土)午後1時00分から午後4時40分ころまで@苫小牧市文化会館
 ・ 毎月2回行われている「小中学生子ども将棋教室」の特別企画として実施します。
 ・ 4階の”いつも中級・上級クラスを行っている教室”で行います。午後1時00分から30分程度、阪口先生への質問コーナーがあります。質問コーナーの間に、指導対局の希望者を受付票で募ります。
 ・ 指導対局の順番は抽選とします。希望者が多いことが予想されます。受付に遅れると、順番がまわってこないこともあります。あしからずご了承下さい。
 ・ 入門クラス、初級クラスの教室は、4階のいつもの教室でいつも通り行います。希望があれば当日後半または翌日の指導対局にも参加できるよう、駒落ち将棋の指導を中心に行います。

② 平成30年4月22日(日)午後1時00分から午後3時30分ころまで@苫小牧市文化会館
 ・ 名人戦大盤解説会(同日午前10時~午前12時@駅前ココトマ)の終了後、臨時の指導対局会を行っていただけることとなりました! まさかこのような幸運が訪れるとは・・・・。阪口先生のご厚意に深く感謝申し上げるしだいです。
 ・ 急遽会場を借りたため、場所は駅前ココトマではなく、文化会館のほうとなっております。午前中から参加の方は、移動となります。午後から参加の方は場所をお間違えのないようにお願いします。
 ・ こちらは苫小牧支部会員および新規会員希望者とし、非会員の方からのお申し出は1000円とします。午後1時10分に受付を開始し、受付順で指導対局を始めます。阪口先生のお帰りの時刻との関係で、午後3時30分に対局が終わっていなくても終了とします。ご了承下さい。
 ・ 希望者多数で指導対局ができなかった方については、高段の支部会員との対局に代えさせていただきます。よろしくお願いします。


なお今年の順位戦昇級予想、筆者はむろん、阪口悟五段を推しメンとさせていただきます!


(文責 O)

平成29年 春の将棋体験会レポート

3月25日(土)ココトマで春の将棋体験会を行いました。今回で3回目です。
ネットからの事前申し込みが前年より少なく、「今年は少数精鋭かな…」と思っていたのですが、何と18名も参加がありました!
苫小牧民報の宣伝記事に「当日参加もOK」という文面があったのがよかったのかも…民報社様、ありがとうございます(^^)
開始前
開始前。早速どうぶつしょうぎであそんでいる子もちらほら。

開会式
開会式の様子。
開会式02
開会式の様子2。


第1部「どうぶつしょうぎであそぼう」

前半はどうぶつしょうぎを使いました。
どうぶつしょうぎは、将棋の基本ルールを身に付けるのに適したゲームです。
・ライオンをつかまえれば勝ち。(トライでも勝ち)
・駒には、それぞれ動き方の特徴がある。(印のついているところに一マスだけ動ける)
・自分と相手と一手ずつ交代で指す。
・1つのマスの中に入れるのは1匹だけ。
・相手のどうぶつを捕まえたら仲間にできる。
・仲間にしたどうぶつは、自分の番のときに、空いているマスのどこにでも置いて使うことができる。
・ひよこが一番上に行ったら(トライしたら)にわとりにパワーアップ。(成る)
これらのことを遊びながら身に付けることができます。
これらが理解できれば、もうすぐに将棋も指すことができます。

どうぶつしょうぎが全く初めて、という子に集まってもらってデモンストレーションを行った後は、いよいよ参加者同士での交流戦です。
勝った人はライオンシール、負けた人はにわとりシールがもらえるとあって、みんな張り切って対局していました。
どうぶつ将棋タイム
どうぶつ将棋を楽しむみなさん。

優勝
最多得点のお友達には、どうぶつ将棋ノートをプレゼント。

最下位
一番ひよこが多かった子にも、どうぶつ将棋ノートをプレゼント。負けてもたくさん対局したのが偉かったよ!

第2部「将棋を指してみよう」
後半はいよいよ将棋にチャレンジです。
参加者の中で「将棋を知っている、指せる!」という人はすぐに対局を楽しんでもらいました。
今日が初めて、という子たちには「入門将棋」を体験してもらいました。
入門将棋とは、下のような図の局面での対局です。
局面図
下手(したて)の駒は玉・飛・角・歩。これはどうぶつ将棋の駒とリンクさせるために、あえて減らしています。
初めての子が11人いたので、3・3・3・2人ずつに分かれてもらい、応援に来てくれた支部会員の教室生徒さんに上手をもってもらいました。
上手の子には「相手の駒を取らない」「入玉しない」「寄せづらいところに逃げない」と指示しましたが、これは「うまく負けなさい」ということなので、生徒さんにとってはちょっとつらかったかもしれませんね…(笑)でも、将棋好きの友達を増やすためには、うまく負けてあげることも大切なのですよ(笑)
狩野
石井
斎藤
入門将棋の上手を快く引き受けてくれた教室生のみなさんと、参加者のみなさん。

あっという間の2時間でした。
我々スタッフも、将棋で楽しくあそんでいる子どもたちの様子を見て、たいへんうれしく思いました。
ご参加くださりありがとうございました。
今回のイベントをきっかけに、将棋やどうぶつしょうぎに親しんでくれる子が一人でも増えてくれれば幸いです。
また、お手伝いに来てくれた教室生徒のみなさんも本当にありがとうございました。
みなさんのおかげで、初めての子たちにも将棋の楽しさを味わってもらうことができました。

平成29年度の将棋教室は4月15日(土)13:00開始予定です。(苫小牧市文化会館)
4月の教室は無料で体験して頂けますので、今回のイベントで興味をもたれた方、また本記事を読んで興味をもたれた方は、ぜひお越しください。お問い合わせは、ブログトップページ右上に記載のメールアドレスからお願いいたします。
(管理人S)

 狩野君 中学生選抜優勝

本日、北海道将棋会館にて
全国中学生選抜将棋選手権北海道大会
が行われ、我が苫小牧支部所属の
狩野 周 君見事全勝優勝を果たした。
全国大会は8月初旬山形県天童市で行われる。

同日の
全国小学生「倉敷王将戦」北海道予選大会高学年の部では
苫小牧支部所属の渥美 陽太君が4位入賞を果たした
4勝1敗の成績で、全国大会へは、あと一歩及ばなかった。(全国大会は2位まで)

(写真下は左が狩野君 日浦師範が中央 右が渥美君)
DSC_1048.jpg

《祝》優勝!! 苫小牧支部 全国支部将棋対抗戦

本日
第44回全国支部将棋対抗戦・東地区大会が山形県天童市で
準決勝と決勝が行われた。
わが苫小牧支部チームは見事に準決勝3-0で勝利し
続く決勝戦は2-1で勝利し初出場で初優勝を果たした。
苫小牧支部代表の(狩野周君、田村宜之さん、森下真一さん)
の健闘を称えたい。
(↓表彰式の模様 写真右下から森下さん、田村さん、狩野君)
3157_1_image1_201504261330223a2.jpg

(N)おめでとう!そしてありがとう!

〈速報〉準決勝進出!苫小牧支部チーム

本日
山形県天童市「天童ホテル」にて開催されている
第44回全国支部将棋対抗戦東地区大会に
北海道代表として参加している我が苫小牧支部チーム
が予選2連勝して本戦トーナメントに進出しさらに本戦も2連勝して
明日の準決勝に駒を進めた。
苫小牧支部チーム(狩野周、田村宜之、森下真一)
の健闘を祈ります。
3157_1_image1.jpg

(N)

狩野君自民党総裁杯Bクラス優勝

平成26年12月7日(日)

北海道将棋会館にて行われた自民党総裁杯全道大会に

苫小牧代表の狩野周君が見事Bクラスにて
優勝
を果たして日本将棋連盟正式免状二段を獲得した。

おめでとうございます
DSC_0513.jpg

2014年 さっぽろ東急夏休み将棋祭り 第1日目

北海道の将棋ファンが一番待ち望んでいる「東急将棋祭り」今年も開催となりました。
東急百貨店様、北海道新聞様、来道下さった棋士の皆様、ありがとうございます!
140812_001
↑今年は北海道出身の棋士が揃い踏み。右から3人目は当支部師範の日浦市郎先生です。

今年も不肖管理人Sが、苫小牧支部会員の戦いの様子をレポートいたします。
もれ、間違いなどありましたら、コメントでご指摘ください。

【二段獲得戦】
Aさん、Oさん、Fくん、私Sの4名が参加しました。
Oさんは〆切ギリギリ近くの到着でした。
来年はもう少し早くお越しください(笑)

4人の中では大本命のOさんでしたが、まさかの初戦敗退を喫してしまわれたようです。
140812_004
↑Oさん(左)は力を出せず無念の敗戦。どんだけレベル高いんだ~二段戦!

Aさんの1回戦は相手の四間飛車にAさんの居飛車で対抗形。
例によって?序中盤でのミスで形勢を損ねたようで、リードを許したままの終盤戦。
Aさんの玉に目をやるとは、いつものように守備駒がない!(笑)
にもかかわらず、自玉には(ほとんど)目もくれずに攻めかかるAさんの気迫に押されたか、
最後の最後にまくりが決まってAさんが逆転勝ちを収めました。(ように見えました)
140812_003
↑十八番の玉さばきで相手の思考を惑わせ勝利を収めたAさん(左)
2回戦は相振り飛車(四間飛車対三間飛車)。
相手に仕掛けの糸口をつかまれ、そのまま攻め込まれて敗れてしまいました。

先日念願の初段を獲得し、その勢いを駆って二段を…と目論むFくん。
1回戦は相振り飛車から端攻め一本で攻めつぶして勝利。
2回戦は右玉に構えましたが、相手の速攻をもろに受けて敗戦。
久々?で勘が鈍っていたのでしょうか…惜しかった。

さて、残るは私Sですが…
今年になってから、大会・例会にも参加できず、棋力低下が著しいことこの上ありません。
例年通り、初戦敗退→指導対局申し込みで運よく当選コースを…と考え、気楽に参加しました。
初戦は何とみずならのAさん。
そう、二年前に苫小牧支部の初段獲得戦で優勝をかっさらっていったあのAさんです(笑)

先手S
shida_001

▲6四銀△4六角▲5五歩△6三歩で迎えた図の局面。
ここで幸運にも詰み筋が見えて勝利。(本譜は21手で詰みました)
久々の初戦突破を果たしました。

2回戦は大学生風の青年。
先手S
shida_002
相手の四間飛車に私の居飛車右4六銀急戦+箱入り娘(知る人ぞ知るマイナー戦法)
この直前、私が一手パスに近い疑問手を指してしまったのですが、
ここで▲4五歩が案外うるさかったようで、手順に桂香を拾って、飛車がさばける望外の展開に。
そのまま押し切ることができました。

3回戦はM本さんという方(後から確認)
先手S
shida_003
相手のゴキゲン中飛車に私の居飛車(飯島流引き角)。
相手が不慣れだったためか、序盤でずいぶんとうまく立ち回ることができ、図の局面では駒の働きが大差。
悲観派の私でもここはさすがに相当いいと思ったのですが、ここで安全重視の▲6六銀と引いた手が今一つだったようです。
激指先生によると、ここは▲4四歩と垂らしてから▲7六歩~▲7七桂と活用していくのがよかったようです。なるほど、そういうものですか。
本譜は角を交換してから天使の跳躍▲5三桂成となって満足、と思っていたのですが、歩の叩きに対応を誤り、角の両取りをかけられて成桂を抜かれてしまいました(涙)
以後はじわじわと差を広げられながらも粘りましたが最後は力尽きて敗戦。
途中に相手の失着もあり、形勢を戻した場面もあったと思いますが、私もお返しの悪手で決め手を与えてしまったのが痛かった。
あとは終盤受けすぎてしまったことか。
どこかで強く反撃に出なければいけませんでしたが、その機会を掴めませんでした。
終局後、Fくんに「え!?あの将棋を負けたんですか?」と言われるほどでしたので、相当こちらが良かったのかなぁ。
惜しい将棋を落としてしまいました。残念。
でも、自分としては3局とも力を出せたと思うので満足です。
ちなみにこのM本さんという方が二段戦で優勝されました。
優勝者に途中までリードしたんだから、これは自信持っていいのか?(違)
<結果>
Aさん(2回戦)
Fくん(2回戦)
Oさん(1回戦)
S(3回戦)

【上級者戦】
高校生のK山くんと中学生のK野くんが参戦しました。
1回戦は相手の石田流に居飛車で対抗。
相手の仕掛けに乗じて抑え込みに成功し、勝利。
2回戦は相穴熊戦。
対局場所が管理人の隣りだったので、少し様子がうかがえたのですが、
どうもKくんの指し手は自陣に向かっていることが多かったような気がしていましたが…
予感は的中し、先に食いつかれてそのまま寄せきられてしまったようです。

K野くんの1回戦は私の盟友である旭川支部のFさん。
私といいFさんといい、今年は1回戦から知り合いに当たるのが多いような…(苦笑)
Fさんは大会優勝で四段免状をゲットしている強豪ですが、相矢倉戦を制したのはKくんでした。
140812_002
↑道北の将棋伝道師Fさん(右)は将棋指導者の意地でK野くん(左)の前に立ちはだかろうとするも、結果はK野くんの恩返しが決まる(笑)
K野くんの対局は、準々決勝を少し観戦しました。
旭川の大学生F田さんとの相矢倉の熱戦。最後は即詰みに打ち取り準決勝へ駒を進めました。
140812_006
が、準決勝はO本さんに敗れ3位。
ですが、全道クラスの猛者が集う大会で3位は立派です。
3位入賞おめでとうございます。!
<結果>
K野くん(3位)
K山くん(2回戦)

【小学生大会】
私が把握しているのはAくん、Sくん(兄)の二人でした。
Sくんの1回戦は相居飛車で楽勝。(本人談)
続く2回戦も相居飛車で楽勝。(本人談)
しかし3回戦の相手がAくん。苫小牧支部の同士討ちとなってしまいました。
Aくんの四間飛車にSくんの居飛車で、Aくんが勝利しました。
その後も勝ち進んだAくんは準決勝に駒を進めました。
相手は、苫小牧支部の大会に度々参加してくれているI原くんとの一戦。
管理人が局面を見たときには、I原陣は左美濃が健在なのに対し、Aくんは美濃囲いを崩され風前の灯。
一目「これはさすがにダメか…」と思ってしまったのですが、ギリギリの受けで相手の攻めを遅らせ、その間に二枚飛車を敵陣におろし瞬く間に勝負形に。少し目を離して再び局面を見て驚きました。
最終盤、Aくんの玉にうまい寄せがあったかもしれませんが、一足早く相手玉を寄せきったのはAくんでした。
苦しい展開でも際どい局面に持ち込み、形勢をひっくり返した剛腕ぶり、これで2年生というのだから恐れ入ります。
もしかすると「Sくんの分も頑張る。」という強い気持ちも後押ししたのかもしれません。
140812_005
↑お父さんが見守る中、驚異の勝負術で逆転勝ちを収めたAくん(奥)

決勝はN方くん。何とAくんと同じ小学2年生です。
小学2年生同士の決勝はもしかして東急大会史上初ではないでしょうか。
お互い四間飛車の相振り飛車、我が道を行く将棋です。
AくんはN方陣に生じた隙を見逃さず、と金作りに成功してポイントを挙げました。
しかし、その後の攻めをやや急ぎすぎてしまったようです。
歩切れになった瞬間に厳しい反撃を受け、無念の逆転負けとなってしまいました。
両者力のこもったいい将棋でした。見るものをひきつける力がありました。

AくんとN方くん、そしてS藤くんのトリオがそろう今年の2年生は層が厚いですね。
これからも刺激しあうライバルとして、切磋琢磨してほしいですね。
今月末のテーブルマーク大会、低学年の部での熱い戦いに期待です。
<結果>
Aくん(準優勝)
Sくん(3回戦)
Sくん指導対局(野月七段に四枚落ちで、「下手弱いふり向かい飛車」(※詳細は駒落ちのはなしを参照)で挑むも敗戦。残念。

会場では、今年も道内将棋関係者の方とたくさんお会いし、お話もできて楽しかったです。
有意義な時間を過ごすことができました。
北海道新聞様、東急百貨店様、棋士の皆様、ありがとうございました。

P.S
140812_009
奇跡的に?休みを取ることができたN幹事長、大会運営から席上対局の秒読みまで裏方として尽力されました。
N幹事長も疲れ様でした!

(管理人S)
※2日目は残念ながら欠席ですが盛会を祈念します!

平成26年度 将棋教室生徒募集

平成26年度の小中学生将棋教室の生徒を募集しています

25名まで募集します。

初回は無料で受講できます。将棋教室や各種行事の際にお申込ください。

お問い合わせは下記まで↓
tomakomaishogi-receiveonly☆yahoo.co.jp
※☆を@に変えてご送信下さい。

プロフィール

日本将棋連盟苫小牧支部

Author:日本将棋連盟苫小牧支部
FC2ブログへようこそ!当支部へのお問い合わせは…tomakomaishogi-receiveonly☆yahoo.co.jp
※☆を@に変えてご送信下さい。

小中学生将棋教室生徒募集中!
180224_とまこむ記事
お問い合わせは支部メールにてお願いします。
カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR