7月24日(土)小中学生将棋教室 初級コース

7月24日(土)小中学生将棋教室 初級者コース

本日は8名の参加でした。

1、必死を覚えよう
相手がどう受けても次に詰んでしまう状態を「必死(必至)」と言います。
詰まない玉を詰まそうとして失敗し、逆転負け、という経験は誰にでもあるでしょう。
今回は、必死の基本形を学習しました。
ところで、必死問題は、詰め将棋に比べてはるかに難しいです。
なぜなら、自分の考えた手に対する相手の応手を全て読みきり、詰ませなければいけないからです。
1手必至は5手詰めと同じくらい難しい、というのが管理人の印象です。
初級コースの参加者にはやや難しかったようですが、腹銀などの手筋を身につけて、勝つ喜びを味わってくれれば、と思います。

2、歩の手筋を覚えよう
本教室で何度も扱っている歩の手筋を今回も学習しました。
それだけ重要度が高いということです。
垂れ歩、たたきの歩など、実戦で頻出の手筋が数多くありましたが、楽々と正解する子が多かったです。
着実に成長している様子が伝わりました。

3、自由対局・指導対局・級位認定問題
初級コース同士の対局から。
100725syokyu01
ここで先手が▲7九金、としたため、△1九角成から香を取られて後手がペースを握りました。
ここでは▲2八銀or▲1八飛とすれば、受かっていました。

終局後、今度は途中でアドバイスを入れながら、指してもらいました。
100725syokyu01

・飛車を振ったら、美濃囲いに組む。
・左の銀を前線に繰り出す。
これだけで、ぐっと本格的な将棋になりました。
以下、先ほどよりも格段にレベルの高い熱戦が繰り広げられました。

↓前半の講座に熱心に耳を傾ける、初級者コースのみなさん
10072401

(管理人S)
スポンサーサイト

フラ盤テスト(新春将棋大会リレー将棋の棋譜)


色々試してみたところ、このブログで棋譜再生できることがわかりました。
今後、新たな形での情報発信ができそうです。
お楽しみに。

(管理人S)

7月24日将棋教室

7月24日(土)子供将棋教室
上級者コースの内容 参加者4名
1、右四間飛車講座4回目
  今日が最後の右四間講座、矢倉攻略のポイントを解説
  プロレベルの仕掛けの考え方が学べる内容でした
  次の一手9問はいずれも4段クラスの問題
  今回はもっとも難しかったかもしれません
2、5手詰ドリル早解き競争
  全員詰将棋名人経験者でハイレベルの戦い
  最多詰将棋名人の千葉君が敗れる波乱
  5手詰12問30分で全問正解の小橋君が優勝
  2位は11問正解の金山君
  みんながいつもひたむきに頑張っている結果が表れました
  最低でも8点以上と今までにない高スコアで感心させられました。
  この日の賞品はお菓子 参加賞はうまい棒 
  喜んでもらえたかな
3、自由対局
  高木君が工藤先生に駒落ちで勝利!お菓子ゲットしました。
  元室工大将棋部部長の荒川氏が小橋君と角落ちで指導対局
  結果は惜しくも小橋君の負け
  金山君は高橋5段に指導対局角落ちで挑戦、強豪相手に善戦するも
  入玉されて負け 
  この日最大の熱戦は藤井対千葉戦で5時ぎりぎりで藤井君が制する
  藤井君これで6連勝とすばらしい勢い
4、昇級チャレンジ次の一手
  熊谷君が5級問題に3度目の正直で満点をとり昇級
  これで上級者の仲間入り、実力からしてむしろ遅いくらい
  の昇級であったと思います。  

夏休み初日だったせいか上級者のほうが人数少なめでした。
夏休みはライバルとの差をつけるチャンスです。
みんな頑張ってね
将棋教室上級コース担当 中條
100724

  
  

7月10日(土)将棋教室

7月10日(土)
上級コースの内容 参加者8名
1.右四間講座その3
  次の一手を解きながら矢倉囲いにたいしての
  攻撃方法を解説そして最後はこれにて優勢の局面から先生と対決!
  リレー方式で相談ありで対戦したがチームワークがうまくとれず
  結果は先生の勝ち

2.詰め将棋
  5手詰めドリル8問の早解き競争
  今回は時間がいつもより少なく制限時間20分
  実力ナンバーワンの千葉君が鼻差で小橋君を押さえて
  見事優勝!6.9点でした。ちなみに小橋君は6.5点

3.自由対局
  5連勝中の畑井初段がこの日3連勝で見事8連勝!
  二段昇段になりました。

4. 昇級チャレンジ次の一手
  熊谷6級が5級問題に果敢にチャレンジしました
  結果はあと1問で惜しくも昇級ならず
  実力はついてきているので次に期待しましょう。

はじめて投稿しました
次回からもっとはやく投稿したいと思っています
のでよろしくお願いします。
将棋教室担当 中條

2010年7月 月例会

今日は8名の参加でした。
今月の月例会から、スイス式トーナメント(4回戦)を採用。
今までは抽選の運も大きな要素を占めていましたが、今回からは真に実力のある人が上位に食い込むことになります。
これまで、運で好成績を挙げてきた管理人にとってはつらいところです(笑)
結果は以下の通りです。
100711
1位-小橋初段(3勝1敗 全勝点9)
2位-高橋五段(3勝1敗 全勝点8)
3位-厨川5級(3勝1敗 全勝点7)
過日の小中学生大会で上位入賞を果たした小橋初段が、悲願の初優勝を飾りました。
おめでとうございます
初参加の厨川5級も3勝を挙げる好成績。次回は2勝を挙げれば昇級です。次回が楽しみです。
また、2勝2敗で4位ながら、全勝点11の活躍を見せた鑑継2級に、特別賞が贈られました。

皆様、お疲れ様でした。
(管理人S)
プロフィール

日本将棋連盟苫小牧支部

Author:日本将棋連盟苫小牧支部
FC2ブログへようこそ!当支部へのお問い合わせは…tomakomaishogi-receiveonly☆yahoo.co.jp
※☆を@に変えてご送信下さい。

小中学生将棋教室生徒募集中!
小中学生将棋教室ポスター
お問い合わせは支部メールにてお願いします。
カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR