8月28日将棋教室

8月28日将棋教室
参加者16名 (初級者コース7名 上級者コース9名)
夏休みも終わり日に焼けた子も多かったです。

上級者コース内容
1. 対四間飛車4六銀左戦法講座 2回目
↓テーマ図からの居飛車の戦い方を解説
先手勝ちづらいと書いてある定跡本(四間飛車破り急戦編 現竜王著)
もあるが、居飛車側にも秘手があるので、私の見解は難解ながら先手有望
本に書いてない妙防手なんかを次の一手問題をまじえながら学びました。
最後はこれにて居飛車勝ちの局面から先生対生徒全員でリレー将棋
みんなで相談有なのにまたもチームワークが悪く先生の勝ち
z本日のテーマ図


2. 詰め将棋ドリル早解き選手権
5手詰め8問 教室の詰め将棋名人はさらに名人用問題4問を30分で解く競争
教室の名人経験者はいずれも名人問題の5手詰めまで全部解けなかったので、栗山君が
接戦の末、高得点で見事初優勝!確実に成長しています。↓が喜ぶ栗山君



3.本日の昇級者
4級チャレンジ問題を一生懸命に解いた田尾君が何度も挑戦した結果
念願の昇級を果たしました。次からは上級者コースだね ↓喜ぶ田尾君
2010_0828_154128-DSCF0051.jpg


4.自由対局
熱戦が多かったが、小橋対宮川戦は高レベルの相矢倉戦(二人はライバル同士)
激しい攻め合いの末、宮川君が競り勝つ ↓集中した様子の両対局者

2010_0828_152226-DSCF0045.jpg


その他 道新のとまこむさん初級者コースに体験取材にいらしゃいました。
来月10日におじゃましますというコーナーにその様子が掲載されるそうです。

(教室担当 中條)
スポンサーサイト

8月14日将棋教室

今日の将棋教室はお盆休みのせいか上級者コース4名
初級者コース4名と普段より少なめでした。
ただし大人の方はめずらしいゲストが来ました。
帰省中のS能君とA川君には、とても熱心に駒落ち指導していただきました
ありがとうございます。子供達には良い経験になったことでしょう。
結果は小学生全敗でした。S君は手加減したくないと本気の勝負をしてくれました

20100814.jpg

上級者コースの内容は
四間飛車対する4六銀左急戦の戦い方を次の1手形式で学習
本に載っていない変化や詰みまでの変化など盛りだくさん
の内容でした。受講者のみなさん門外不出の内容なので必ず
プリントを復習して身につけてくださいね

5手詰めドリルは小橋君が優勝
今回は普段よりも難しい問題が多かったが
高い集中力を発揮して高得点をマークしていました。

昇級者が2名でました。
狩野君が見事5連勝で8級に
高木君も5連勝で4級になりました。
↓昇級した高木君



昇級者同士の対決は高木君がきびしく攻めて
振り飛車に圧勝しました。
高木君やっと芽がでてきました。
才能が開花される日は近いと感じる内容でした。

2010_0814_154023-DSCF0039.jpg

将棋教室担当 中條

東急夏休み将棋まつり

8月9日・10日に、札幌東急百貨店で夏休み将棋祭りが行われました。
苫小牧支部関係者も数名が来場していました。

初日の二段獲得戦には管理人Sの他、Aさん・Mさん・Kさん・Oさん・Kくん(中学生)が参加。
管理人以外の大人は皆支部代表クラスの強豪です。
公式戦で中條幹事長を撃破したこともあるOさんがまさかの1回戦敗退。
Oさんはその後の指導対局にめてたく当選し、渡辺竜王に二枚落ちで快勝、鬱憤を晴らすことができたようです(笑)ちなみに投了図はすさまじい大差でした…。
Kくんの1回戦は、終盤戦をちらっと拝見したときには、相手の美濃囲いへの8筋集中攻撃が受からない形になっていたので、Kくん勝ちと思い別のところに行ったのですが、どうだったんでしょうか。二段戦でも実力を発揮していたKくんの棋力向上を改めて感じました。
※追記:Kくんは1回戦見事勝利!2回戦で惜敗とのことでした。

Mさんは、相手が悪かったらしく?2回戦で無念の敗退。管理人とAさんも3回戦で敗退しました。Aさんと言えば必敗形でも指し続け、相手のミスを待つ粘り強さが有名ですが、3回戦でも得意の粘りを発揮。最終盤、思わず相手が「あっ!」と声を挙げ頭を抱えてしまうほどの失着を誘ったのですが、それでも届きませんでした。残念ながら、ちょっと形勢に差がつきすぎていたようです。
苫小牧関係者が次々と敗退していく中、Kさんの快進撃が光りました。必敗の将棋を相手のミス(馬の利きに竜が来た!とか)で逆転勝ちした強運もありベスト4まで進出されたのですが、惜しくも敗れてしまいました。(管理人は席上対局を観戦してたので見ていませんでした…ゴメンナサイ)

同じく初日に行われた小学生大会には苫小牧将棋教室のエースKくんが出場しましたが、残念ながら4回戦で敗退。管理人が見に行った時はちょうど敗戦局の終盤でかなりの差がついてしまっていました。途中の形勢はわかりませんでしたが、この敗戦をバネにまた頑張ってほしいと思います。

また、教室OBで現在札幌在住のOくんの姿も見えました。Oくんは渡辺竜王との指導対局に当選し、飛香落ちでかなりいいところまで行ったのですが、惜しくも負け。しかし竜王相手に日頃の勉強の成果を十分に発揮していたと思います。Oくんも札幌で一段と強くなったんだなぁ、としみじみ感じました。

二日目も、Kくん(中学生)・Kくん(小学生)・Oくんの子ども軍団は大会で奮戦していましたが、大人の来場はどうも管理人だけだったようです(笑)一日目の大会で疲れたので、二日目は観戦に徹する予定でしたが、日頃の行いがよかったのか(笑)、指導対局に当選してしまいました。が、日頃の勉強をおろそかにしていたため完敗。残念でしたがいい勉強になりました。今日の敗戦を次回の例会で生かし、何とか全敗を免れたいと思います(笑)
※追記 Kくん(中学生)は初段戦で1回戦敗退、Kくん(小学生)も小中学生大会で1回戦敗退とのことでした。お疲れ様でした。

今年の1月には休止となってしまっていた将棋祭りが、夏休み将棋祭りとして復活したことは、全道の将棋関係者にとって大きな希望になったと思います。理事の青野九段も「これからも続けていけるよう全力を尽くします」と力強くお話されていました。
ご尽力下さった関係者の皆様、本当にありがとうございました。

※管理人の記憶を頼りに書いている記事ですので、お名前漏れや訂正等ありましたら、コメント欄でご指摘下さい

(管理人S@札幌帰省中)

8月月例会

本日の月例会は猛暑の中12名で行われました
小学生の二人は首筋に熱冷シートを貼りながら
暑さに耐え頑張っていました。



本日の結果
優勝 厨川さん 準優勝 山本さん 3位 菊池さん
支部長特別賞 千葉君   幹事長特別賞 江川さん

厨川さんは本日4級に昇級しました。またすぐに昇級すると思います
全賞対決で敗れた山本さんは「手合い違いだよ」と実力を認めていました。

本日の一番の熱戦は山本対菊池戦
菊池さんが挟撃で山本さんを追い詰めるも
詰みを逃してもつれたところを山本さんのうっちゃりが
決まって逆転勝ち お二人の真剣勝負が↓の写真です(左が菊池さん右が山本さん)
220808002.jpg

支部長特別賞は例会初参加の千葉君が受賞
初参加にもかかわらず2勝2敗の好成績でした。
将来が期待できます。

幹事長特別賞は対局した小中学生にすべて負けて
自信をつけさす仕事をしていただいた江川さんが受賞
最後は大人相手に本気モードできっちり勝って1勝3敗でした。

例会は会員でなくても参加できますが賞品が当たりません
級位差に応じた駒落ち戦なのでどなたにも優勝するチャンスはあります。
小学生には参加賞がでますのでぜひ来月もたくさんの参加
お待ちしています。

参加いただいた皆様には感謝申し上げます。
(幹事長 中條)




おすすめ棋書紹介1 矢倉編 

みなさん、夏休みはいかがお過ごしでしょうか。
中條先生も仰っていましたが、夏休みはライバルに差をつけるチャンス!
ということで、もっと将棋が強くなりたい方へ、おすすめの棋書を紹介したいと思います。
記念すべき第1回目は矢倉に関する棋書です。
矢倉は「攻めは飛車角銀桂(香)」「玉の囲いは金銀三枚」の格言通りの戦法です。
全ての駒が働くため、盤面全体を広く見て戦わなくてはいけません。
難しい分、それが大局観の向上にもつながります。
矢倉は、将棋の基礎体力を高めるのに格好の教材、と言ってもいいでしょう。
では、おすすめ棋書の紹介です。

1、初段に勝つ矢倉戦法

矢倉の入門書として最適な一冊。
将棋教室の生徒さんの対局を見ていると、矢倉戦になっていることが多いです。
囲いまではいいのですが、その後の攻め方で悩んでいる場面をよく見かけます。
「囲った後、どう指せばいいのかわからない…」
そんな人にはこの本がピッタリ!
スズメ刺し、▲4六角・3六銀・3七桂の理想形からの攻め、▲2六角・3六銀・3七桂の理想形からの攻め、棒銀、▲4六銀戦法、先手急戦矢倉…と矢倉の基本的な攻め筋がとてもわかりやすく解説されています。
この本の内容をマスターできれば、教室では矢倉戦なら無敵になれるはず!

2、羽生の頭脳(3)最強矢倉

1の本をマスターするだけでも小中学生レベルなら素晴らしいのですが、強い人と矢倉で対局した場合、なかなか1の本のようには組ませてくれません。実を言うと、1の本は後手が少し損な手を指しているからです。
「強い人とも矢倉で互角の勝負をしたい!」そう思ったらこの本で勉強しましょう。
この本には、本格的な▲3七銀戦法、森下システム、後手の急戦といった戦法が書かれています。
少し古い戦法もりますが、プロの棋士も時々指すことがあるくらい、有力なものもあります。
ただし、内容的にはかなり難しくなります。

3、最新矢倉戦法

2の本が少し古い戦法を紹介しているのに対し、こちらはその名の通り「最新」の矢倉戦法を紹介しています。(厳密にはもう最新ではないのですが…)
プロの将棋で盛んに指されている「▲4六銀・3七桂戦法」をわかりやすく解説しています。
この戦法の入門書としては、この本が一番わかりやすいでしょう。
ただし、2同様、内容はかなり難しいです。

この3冊をしっかり勉強すれば、苫小牧支部の大人相手でも(注:中條先生を除く)、矢倉でいい勝負ができるようになるはずです。

目指せ、矢倉マスター!

8月9日追記
教室の初級コースで管理人が講師を務めたときは、次のような形からの仕掛けを勉強しました。

その1 棒銀
10080901
▲1五歩△同歩▲同銀、から端に殺到。
▲同銀に△1三歩と謝ってきたら、▲2四歩から総交換して、▲4六歩-4五歩。

その2 矢倉理想形(▲2六角・3六銀・3七桂)
10080902
▲4五歩△同歩▲4四歩△同銀▲4五銀!△同銀▲4四歩…から4筋突破。

矢倉の攻めの基本としては、この2つをマスターするのがいい、と私は考えているんですが、どうでしょう?S君(笑)





(管理人S)
プロフィール

日本将棋連盟苫小牧支部

Author:日本将棋連盟苫小牧支部
FC2ブログへようこそ!当支部へのお問い合わせは…tomakomaishogi-receiveonly☆yahoo.co.jp
※☆を@に変えてご送信下さい。

小中学生将棋教室生徒募集中!
小中学生将棋教室ポスター
お問い合わせは支部メールにてお願いします。
カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR