将棋日本シリーズ テーブルマーク子ども大会 札幌大会 レポート

苫小牧支部からは、5名が参加しました。
決勝トーナメントに進むためには、予選で3連勝しなければいけません。

荘司くんと大塚くんは2勝1敗で惜しくも敗退。
しかしよくがんばりました。

狩野くん・能くん・渥美くんの3人が見事決勝トーナメントに勝ち名乗りを挙げました。
狩野くんは順当と言えますが、初参加の能くん・渥美くんの勝ち上がりは素晴らしいの一言です。

さて、管理人が会場に到着したときには決勝トーナメントが進行中でした。
能くんは残念ながら1回戦で敗退でした。
しかし、この結果を自信とし、さらに棋力に磨きをかけてほしいと思います。

渥美くんは1回戦勝利し、2回戦に臨むところでした。
DSCF5419.jpg
↑荘司くんと中條先生が見守る中、対局に臨む渥美くん。
※中條幹事長は本日は大会審判員を務めました。

しかし渥美くんの様子がどうもおかしい…?
お父さん曰く「明らかに集中力を欠いていた」ようで、対局に集中しきれなかったようです。
相手の四間飛車に対し、渥美くんは自陣の整備が不十分なままで戦いになってしまいました。
4筋から押し込まれてしまい、そのまま押し切られて敗戦。
渥美くん得意の終盤力が生きる展開にならなかったのが残念でした。
ですが、1年生でここまで勝ち上がったのは本当に立派です。
来年はベスト4、そして再来年に優勝!の長期計画で力を蓄えていきましょう。

本大会でも決勝進出の最有力と目されていた狩野くん。
しかし、4回戦で試練が待っていました。
DSCF5430.jpg
↑T崎くんとの4回戦を戦う狩野くん
札幌の強豪T崎くん(弟)との対局は、狩野くんの三間飛車にT崎くんが居飛車穴熊で対抗。
しかし、どうもいつもの狩野くんらしくありません。
中盤から駒損を気にせずどんどん敵陣に切り込んでいきます。
しかし、明らかに戦力不足。
ついには大駒2枚を切りとばし、と金で迫ったもののこれは攻めが切れたか…万事休す。
しかし、ギリギリのところで千日手に持ち込み九死に一生を得ました。
DSCF5432.jpg
↑劣勢の将棋を千日手で逃れ、少し安堵の表情を見せる狩野くん

指し直し局は相矢倉戦。
この将棋でも狩野くんは駒損をいとわず終始攻勢を取りました。
今度は何とか攻めがつながり見事勝利。
とはいえ決して楽な将棋ではありませんでした。
本大会特有の10分切れ負けルールがプレッシャーになっていたのかもしれません。
とはいえ、あと1つ勝てば決勝進出です。

準決勝は狩野くんの四間飛車に相手が居飛車でした。
DSCF5441.jpg
↑今日は振り飛車も多用?する狩野くん。相手に的を絞らせない作戦か?

ややこう着状態の局面から、狩野くんが駒損覚悟で相手の飛車を取りに行く強手を放ちました。
それに対し相手は飛車交換を避けたため、狩野くんが駒得に成功。
優勢に立ってからはいつもの手堅く鋭い寄せで危なげなく勝利。
これで決勝進出です!

低学年の部が終わり、いよいよステージに狩野くん登場!
DSCF5447.jpg
対局前インタビューの受け答えも堂々としていました。
司会「将棋は誰に教わったのですか。」
狩野「おばあちゃんです。」
司会「今はおばあちゃんとどちらが強いんですか。」
狩野「それはちょっと…(苦笑)」
司会の女性の直球質問もひらりとかわしました(笑)

振り駒で狩野くんの先手に。
戦形は相手の四間飛車に狩野くんは居飛車穴熊。
解説の青野九段も「これはプロの将棋と全く同じ駒組みです。」とうなるほど本格的な将棋でした。
DSCF5455.jpg
袴姿で対局に臨む狩野くん(左)オーラを感じます。

※決勝戦の棋譜はこちらからご覧ください。

途中、相手に先に龍を作られやや苦しくなったと思われましたが、そこからの反撃が鋭く決まり、75手で狩野くんが勝利!見事優勝の栄冠を勝ち取りました!!!
DSCF5471.jpg
↑青野九段から賞状を受け取る狩野くん。

DSCF5476.jpg
↑テーブルマーク杯を手にして、ようやく安堵の表情です。

狩野くんがまた一つ大きな勲章を手にしました。
ステージでの対局で味わった緊張感も力にかわることでしょう。
苫小牧支部大活躍の一日でした。
将棋教室のみなさん、狩野くんに続いていけるようさらに精進していきましょう!
DSCF5493.jpg
大会後、さらなる飛躍を誓って記念撮影!
能くんが横を向いているのはお父さんから喝が入ったせい?(笑)
荘司くんは大会後の抽選会で扇子をゲット!運も実力のうちです(笑)

大会に参加された皆様、お疲れ様でした。
(管理人S)
スポンサーサイト

四市交流将棋大会(苫小牧・登別・室蘭・伊達) 結果

8月25日(日)、夏の恒例・四市対抗戦が今年は室蘭で行われました。(10人1組の団体戦で、全30戦を競う。)苫小牧支部は、22勝(8敗)で、昨年に続き優勝の栄冠を手にしました。

 1戦目 対伊達支部:8勝2敗
  ・・・小学1年生のA君も、初参加での堂々初勝利。2敗のうちの1つは、伊達支部に寝返り(笑)したK島さんによるものです。

 2戦目 対登別同好会:8勝2敗
  ・・・ここでも小1のA君が勝利を挙げてなんと2連勝。登別さんは、新会長のS藤さんが意地を見せ、苫小牧の精鋭・K山君(三段格)に逆転勝ちで貴重な勝利。
 
 3戦目 対室蘭支部:6勝4敗
  ・・・かなり苦戦の対局が多いと見受けましたが、開催地の相手なだけに 少しだけ緩めていただけました。

大会を主管された室蘭支部の皆さま、御苦労さまでした。胸を借していただいた伊達支部・登別同好会の皆さまにもお礼申し上げます。来年、また伊達でお会いしましょう。
(次回からは写真も載せたブログ作ります   支部長 工藤)




平成25年9月の行事予定

<平成25年9月の行事予定> 

8日(日)  王将戦苫小牧予選(10時 豊川コミセン)A・B・C級 
◆時間-9時30分受付 10時開始
◆会費-会員800円 一般1500円 子供500円

14日(土)  小中学生将棋教室(13時 豊川コミセン)

16日(月)祝日 北海道知事杯苫小牧予選(10時 豊川コミセン)A・B・C級
◆時間-9時30分受付 10時開始
◆会費-会員800円 一般1500円 子供500円

21日(土) 将棋研究会(13時 豊川コミセン)

22日(日)  9月月例会(10時 豊川コミセン)
◆時間-9時30分受付 10時開始
◆会費-会員800円 一般1500円 子供500円

28日(土)  小中学生将棋教室(13時 豊川コミセン)

以上 宜しくお願いします。たくさんの方のご参加お待ちしております。


平成25年8月 月例会結果

8月18日(日)8月月例会を行いました。
結果は次の通りとなりました。
大会参加者20名
スイス式駒落ち5回戦

優勝: 志田 俊明 5勝 
2位: 小笠原 聡 4勝1敗
3位: 青沼 真一 4勝1敗

最終対局勝利者賞:石塚 悠羽
幹事長特別賞:門別 勝美

【今月の昇級】
石塚8級→7級へ昇級(規定により)

青沼六段の三連覇が期待されていましたが、
最終対局で小笠原さんが青沼さんを破り、青沼さんの三連覇&七段昇段はなりませんでした。
※小笠原-青沼戦も例によって壮絶な将棋でした…

参加された皆様お疲れ様でした。
来月も宜しくお願いします。

↓管理人Sの8月例会振り返りレポート(物好きな方だけご覧ください)

続きを読む

2013年 さっぽろ東急夏休み将棋祭り 第2日目

ブログの更新につい力が入ってしまい夜更かししたため、この日の朝は寝坊してしまいました(汗)

例年は初日のみの参加でしたが、今年は予定が入らなかったので2日目も会場入りできました。
昨日同様、レポートいたします。

【初段獲得戦】
昨日の二段戦ベスト4のFくんに加え、初段戦では格が違うOさんが参戦。
二人とも順調に勝ち上がっていきました。
130814004.jpg
↑相振り飛車の熱戦を制したFくん(右)最後は判定勝ちでしたが、実に落ち着いた指し回しでした。
 
130814005.jpg
↑居飛車穴熊に組むと期待勝率大幅アップ。Oさんの玉が果てしなく遠い…

しかし二人には試練が待っていました。
ベスト8入りをかけた対局から。
130814001.jpg
今、後手が△5七桂成としてきたところ。
「飛車一枚では厳しい攻めはない。」と判断し、▲同玉と取りましたが、そこで△6九飛が後手の狙いでした。
予想外の攻めに動揺したOさん、その後の疑問手を咎められてあえなく敗戦となりました。
途中までいい局面が続いていただけに惜しい一局でした。
図では成桂を取らずに玉を引いてどうか、ということでした。

Fくんのベスト4入りをかけた対局は、服装からおそらく札幌市のS町中の生徒さん。
Fくんもう一つの主力戦法四間飛車穴熊に相手は居飛車穴熊で対抗。
難しい局面が続きましたが、戦いの中で居飛車が6筋に拠点を作ることに成功。
Fくんも必死に粘りましたが、無念の投了となりました。
130814006.jpg
↑さっきの相手の仇討ち?S町中生のレベルアップも目を見張るものがあります。

「昨日がベスト4で今日がベスト8とは…」局後Fくんも苦笑い。
二段戦にも初段戦にも強い人はたくさんいる、ということですね~。
二人ともお疲れ様でした。

【一般戦】
Kくんが参戦。が、本日は1回戦で敗れたとのこと。
よく見ると一般戦には全道大会常連の方がちらほら…。
でも、逆に言うとそういう方達と対局できるチャンスでもあります。
いい経験になった、と前向きにとらえたいものです。

【小中学生大会】
昨日も参加したKくん、Sくん、中学生のIくんに加え、(たぶん)Nくんの4名が参加。
Iくんからは「1回戦で散りました(苦笑)」と報告がありましたが、SくんとNくんはどうだったかな…
130814002.jpg
↑Kくんと同じく2日連続参戦のSくん。そのやる気が棋力向上には不可欠!

こちらの大会は中学生も参加してくるので、当然昨日の子ども大会より格段にレベルアップしています。
その中でも、Kくんは快進撃を続けました。
130814007.jpg
↑準決勝の相手は札幌のK川さん。最終盤、K川さんの王手ラッシュを凌ぎ切り、決勝に駒を進めました。
いかに熱戦だったか、二人の表情からもうかがえます。

130814008.jpg
↑決勝の相手は札幌のS藤さん。K川さんもS藤さんも苫小牧民報杯に参加して下さった方です。ちなみにもう一つの山で準決勝に進出したI原くんも苫小牧の大会に参加して下さったことがあります。そういった子達の活躍は我々としても嬉しいものです。
さて、決勝戦ですがS藤くんが一枚上手だったようで、Kくん惜しくも敗れました。
2日連続の準優勝は立派ですが、あと一歩で優勝を逃した悔しさの方が強いかもしれません。
この悔しさをテーブルマーク大会で晴らせるよう精進してほしいですね。

ちなみに昨日6局、今日6局、指導対局1局、Kくんは2日で13局指したということになるんでしょうか。
これは東急将棋祭りの歴史を紐解いてみても、ちょっとした記録ではないかと思いました(笑)

【指導対局】
今日はNくんが抽選で深浦九段の指導対局に選ばれました。
先日日浦先生に惜しくも敗れた6枚落ちで再挑戦、今回は見事に勝利しました!
棋力向上が目覚ましいNくん、これからの活躍が楽しみです。
写真 2013-08-14 12 36 12
↑深浦九段に6枚落ちで勝利したNくん。(一番奥)
局後「もっと勉強して、さらに強くなってくださいね。」とアドバイスを頂いたそうです。
憧れのプロ棋士に直接ご指導頂いて、さらにやる気もアップしますね。
130814009.jpg
閉会式では、「また来年も開催いたします!」と力強いお言葉を頂きました。
改めて、皆様ありがとうございました。
特に、上村四段には、ものまねのレパートリーと精度をさらに上げて活躍の場を広げていってほしいと思います(笑)

【大会後】
Kくん、Fくんと四市対抗戦の話をしていたところ…
私「二人は四市対抗戦出れそう?」
Fくん「ぼくは出るつもりです。」
Kくん「ぼくも出たいんだけど、宿題が…あと期末試験が…」
Fくん「え、宿題?」
Kくん「実は今日持ってきたんだけど…」
Fくん&私「えーーーっ!?」
かばんからおもむろにテキストを取り出し、Fくんに見せるKくん。
「全然わかんねー(高校の問題だから当然だ・笑)」とつぶやいたFくんもそういえば受験生だったよね?(笑)
私「四市対抗戦に出たら8時間ぐらい大会に費やすから、それまでに予定より8時間多く勉強時間を捻出すればいいんじゃない?」
Kくん「うーん…」
さあ、Kくんは自分にノルマを課し、四市対抗戦に出られるのか?要注目です。
それにしても、Kくん、宿題を持ってきてたはいいけど、いつどこでやるつもりだったのでしょう…(笑)
まあでも気持ちはわかります。
かばんに入れておけば、いつでも宿題ができるという安心感があるんだよな~。
でも、宿題を持ち歩いたことに満足して、大体手をつけないで帰宅しちゃうんだよな~(笑)

学生の皆さん、学業と将棋を両立できるようにがんばってください!

2013年 さっぽろ東急夏休み将棋祭り 第1日目

年に1度の祭典「東急将棋祭り」、今年も開催して下さいました。
東急百貨店様、北海道新聞様、そして棋士の皆様に感謝、感謝です!

参加した苫小牧支部会員の様子などをレポートします。
もれ、間違いなどあったらごめんなさい。
コメントでご指摘ください。

【二段獲得戦】
Aさん、将棋教室生のFくん、Iくん、そして不肖管理人Sの4名が参加しました。
Iくんは当初は出る気がなかったようで、観客席に座っていたのですが、大人達から「出なさい!」と言われ(半強制的に)出場(笑)
でも、大会は参加することに意義があります。
Iくんにとっては確かに手強い相手ばかりだったかもしれませんが、その対局から何を学ぶかが大事です。
Sは初戦で函館の強豪Sさんと対戦。(クジ運いいね~)
中盤まで結構いい勝負になったと思いましたが、こちらの読みぬけから一気に突き放されて敗戦。
Aさんも1回戦で強豪の方にあたってしまったようで1回戦負け。
ちなみにその方はベスト4まで勝ち進んでいました。

大人陣があっさり消える中、1人気を吐いたのがFくん。
快進撃でベスト8まで勝ち進みました。
準々決勝では旭川のHさん(父)と対戦。
0813001.jpg
Hさんのと金がFくんの陣に迫りかけた瞬間、左美濃の玉頭に捨て駒&馬切りで鋭く切り込み制勝。
見事な寄せでベスト4進出を決めました。強い!
準決勝の相手は何とHさんの息子さん。
0813002.jpg
やはりHくんは強かった。お父さんの仇討ちをしっかりと果たし決勝進出、そのまま優勝したとのこと。
おめでとうございます。
Fくんのベスト4も立派な成績です。お疲れさまでした。(明日の初段戦は一躍優勝候補??)


【上級戦】
二段免状を持っているKくん(高2)がこちらに参戦しました。
私が見た将棋は、相居飛車(矢倉模様)で急所に成駒を作られ苦しめでしたが、粘りに粘って上部脱出に成功し入玉を確定させました。
二枚の龍と角で自玉を狙われており、まだ絶対安泰とは言えない局面ということもあり、さらなると金作りを目指したのですがこれが逸機。相手玉を寄せる手段を封じられ、最後は要の馬を取られる展開になってしまいあえなく投了。大熱戦は惜しくもKくんの負けとなりました。
しかし身上である粘りは存分に発揮しました。

【小学生大会】
SくんとKくんが参戦。
(Sくんの結果を聞くのを忘れていました。知っている人教えて下さい)
優勝候補筆頭のKくん(小6)は翌日の席上対局権を得るべく、破竹の勢いで決勝まで勝ち上がりました。
が、決勝で千葉県から参戦したFくんに相矢倉戦で敗北し、無念の準優勝となりました。
翌日の席上対局まで文字通りあと一歩でした。残念…
が、詰将棋の懸賞に当選し東急商品券を見事にゲット。タダで転ばないところはさすがです(笑)

【10面指し指導対局】
小中学生限定の特別企画です。
教室生のIくん、Sくん、Kくんが幸運にも上野五段に指導して頂く機会を得ました。
ただ、管理人は所用のため最後まで見届けることができませんでした。
日頃の勉強の成果、そして先日日浦先生に指導して頂いたことを生かせたでしょうか?
結果をご存じの方、コメントで教えて頂けると幸いです。
Kくん…飛車落ち
Iくん…四枚落ち
Sくん…四枚落ち

【指導対局】
初戦敗退してフラフラしていたAさんと私が何と当選。ありがとうございます。
Aさんは上村四段に飛香落ちで挑戦。
ギリギリの斬り合いになったようですが、Aさんの刃先がわずかに届かず惜しくも敗れました。(ように見えました、投了図を見た限りでは)
私は深浦九段に飛香落ちで教えて頂きました。
実は私は数年前に深浦九段に二枚落ちで教えて頂いたことがありました。
その時に勝たせて頂いたこともあり、ワンランクアップして飛香落ちをお願いしました。

局後、ipadを駆使して何とか棋譜を再現できたので、恥ずかしながら掲載します。
少しでも何かのお役に立てば幸いです。

※最終盤の局面について、2日目に深浦九段に直接お話を聞くことができました。内容は「続きを読む」からどうぞ。

会場では、苫小牧支部の大会に来て下さった札幌や旭川の方々とご挨拶・お話もできてよかったです。
北海道新聞様、東急百貨店様、棋士の皆様、ありがとうございました。

(管理人S)

続きを読む

プロフィール

日本将棋連盟苫小牧支部

Author:日本将棋連盟苫小牧支部
FC2ブログへようこそ!当支部へのお問い合わせは…tomakomaishogi-receiveonly☆yahoo.co.jp
※☆を@に変えてご送信下さい。

小中学生将棋教室生徒募集中!
小中学生将棋教室ポスター
お問い合わせは支部メールにてお願いします。
カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR