第26回苫小牧民報杯争奪将棋大会結果

今年はA級10名、B級6名の参加でした。

<B級>
2勝勝ち抜け、2敗失格が基本ルールだったのですが、今回は6名の参加ということで、2敗者にも復活の権利が与えられる変則的な敗者復活戦が行われました。
2勝を挙げ早々と勝ち抜けを決めたのは金山くんと狩野くん。
1勝1敗の藤井くんと須藤さんの対局は藤井くんが制し、勝ち抜け。
須藤さんは2敗者戦の勝者との対局に、本戦入りをかけます。

開会前、連覇に向け意気揚々だった奥田さんでしたが、予選でまさかの2敗。
しかし、これで火がついたのか、ここからドラマを起こします。
2敗者戦の小橋君を破り、予選で負かされた須藤さんも撃破し、本戦入りを果たします。
さらに、準決勝で藤井くんを下し、執念で決勝に進出!
流れは奥田さんにあり、かと思われたのですが、決勝戦は金山くんが僅差で逃げ切り優勝。
奥田さんは連覇なりませんでした。
しかし、小中学生達にとって、越えなければならない高い壁として、大いに存在感を発揮されたと思います。
お疲れ様でした。
DSCF1324.jpg
↑奥田さんの猛追をかわし優勝を果たした金山くん。

DSCF1327.jpg
↑1日6局!この日の最多対局賞も同時に受賞(笑)、連覇への執念がすさまじかった奥田さんは惜しくも準優勝。
DSCF1328.jpg
↑準決勝で金山くんに屈するも、3位決定戦で藤井くんを破り3位入賞の狩野くん。1年半ほどで中学生コンビに匹敵する棋力を身につけました。驚異的な成長力です。

<A級>
中條幹事長と連覇を狙う瀬能さんが2勝で予選通過。
その一方で、全道大会常連の山本さん、青沼さんが予選で2敗し敗退。
予選から厳しい対局が多い印象でした。
その中で、決勝に勝ち上がったのは中條幹事長と堂前さんでした。
DSCF1325.jpg
相矢倉戦となりましたが、入玉含みで堂前さんの攻めをいなした中條幹事長が優勝を果たしました。
連覇を目論んでいた瀬能さんは準決勝で中條幹事長に敗れ3位。
この悔しさを晴らすべく、苫小牧を離れる(予定の)来年も、強行スケジュールで参加するとか。

DSCF1329.jpg
皆さん、お疲れ様でした。

(管理人S)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日本将棋連盟苫小牧支部

Author:日本将棋連盟苫小牧支部
FC2ブログへようこそ!当支部へのお問い合わせは…tomakomaishogi-receiveonly☆yahoo.co.jp
※☆を@に変えてご送信下さい。

小中学生将棋教室生徒募集中!
小中学生将棋教室ポスター
お問い合わせは支部メールにてお願いします。
カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR