fc2ブログ

実戦の手筋(佐藤大五郎対中原誠戦)partⅠ

 佐藤大五郎先生の実戦譜を紹介します。
 対戦相手は中原誠先生。1969年10月21日順位戦です。

 ▲大五郎先生の四間飛車に△中原先生が居飛車急戦。
 △がうまく押さえ込み、▲は飛を自陣に封印されました。 


1969-10-21順位戦佐藤大五郎vs中原誠partⅠ①

 △7五馬(図)の局面は、▲7四銀を逃げる必要があります。
 しかし平凡な▲8三銀成は、△5三銀▲7二成銀△3一飛とかわされます。
 これは成り銀と馬が重く、▲が勝ちにくい展開です。
 ここで「マキ割り流」の意表を突く手がでます。
  

↓↓ 正解はコチラ ↓↓




1969-10-21順位戦佐藤大五郎vs中原誠partⅠ②

 ▲7三銀成(図)がハッとさせる手。
 破れかぶれにみえますが、そうではありません。
 

1969-10-21順位戦佐藤大五郎vs中原誠partⅠ③

 △7三同銀の一手に▲7二馬(図)とします。
 先に銀を捨てても、両取りで銀を確実に取り返せるので、損はしていません。


1969-10-21順位戦佐藤大五郎vs中原誠partⅠ④

 数手進んで▲6四歩(図)は、△同歩に▲6三歩をねらった手です。
 盤上の重い銀をさばき、馬を好位置に移動しました。
 佐藤大五郎先生がやや持ち直した印象です。

<文責 大谷和広>
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日本将棋連盟苫小牧支部

Author:日本将棋連盟苫小牧支部
FC2ブログへようこそ!当支部へのお問い合わせは…tomakomaishogi-receiveonly☆yahoo.co.jp
※☆を@に変えてご送信下さい。

小中学生将棋教室生徒募集中!
180224_とまこむ記事
お問い合わせは支部メールにてお願いします。
カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR