平成25年度 文部科学杯小学生将棋団体戦レポート

昨年に引き続き苫小牧支部からは苫小牧市立豊川小チームが参戦しました。
大将:坂下くん(6年)
中堅:畠山さん(6年)
先鋒:安田さん(6年)
昨年は3位入賞ながら、12戦全敗と悔しい思いもしました。
今年は3人とも同じクラスの仲良しチームで悲願の1勝を目指します!

1回戦 ○豊川小VS比布小Aチーム●
大将:坂下くん○
中堅:畠山さん○
先鋒:安田さん●
130519_001.jpg
↑緊張した面持ちで対局に臨む豊川小チーム(右)と比布小Aチーム(左)

坂下くんは、開始早々2筋突破に成功し、駒得に成功。
一気に攻め込むかと思いきや、一転して自玉の整備をし、万全の態勢を築いてから着実に寄せに出て勝利。
幸先のよいスタートを切りました。
安田さんは、相手の8筋からの攻めに受けを誤り突破を許してしまい敗戦。
矢倉の形はできていたのですが、玉の入城を後回しにしてしまったのが悔やまれます。
攻めの手と守りの手をバランスよく指さなければいけないのが矢倉の難しいところです。
残るは中堅戦。畠山さんは駒損+相手は穴熊と形勢は苦しめです。
しかし、ここから畠山さんは成り駒を確実に相手の穴熊に近づけ金銀をはがします。
相手がこちらの矢倉を攻めあぐね、受けに回ったところで一気に攻め立て勝利!
2-1で目標の1勝を初戦で挙げることができました。やった!
130519_002.jpg
↑粘り強い指し回しで逆転勝ちを呼び込んだ畠山さん(左)
130519_003.jpg
勝利の余韻に浸りながら昼食中の安田さんと畠山さん。坂下くんは寸暇も惜しみ研究中(笑)

2回戦●豊川小VS旭川東五条小チーム○
大将:坂下くん●
中堅:畠山さん●
先鋒:安田さん●

旭川東五条小は、苫小牧民報杯小学生大会に連続で参加して下さっている村上きょうだいさんのチーム。
弟さんのお友達が将棋を始めたとのことで、満を持しての参戦してきました。
坂下くんは相居飛車の戦いでしたが、相手の急戦調の攻めに後手に回り苦戦。
角の両取りを浴びて駒損してからも粘りましたが力尽きました。
畠山さんは相手の攻め急ぎを的確に咎めたか…に見えたのですが、その後が惜しかった。
飛車先から手を作られ寄せられてしまいました。
130519_005
↑ここで▲8六歩と受けていれば、銀得の畠山さんが有望な展開でした。惜しかった!

安田さんは今までの勉強の成果を発揮しました。
この駒組みは立派な有段者です。
130519_006
↑将棋教室で勉強した対四間飛車急戦棒銀の駒組み。ここから一気に3筋を攻め立てて優勢に。

しかし、銀を成りこんでからが惜しかった。
相手の高美濃を前に攻略の糸口をつかめません。
次第に焦りからミスを重ねてしまい、攻め駒を取られて無念の逆転負けとなってしまいました。
安田さんへの局後のアドバイスは…
「駒の利きを一点に集めて、突破を狙おう。(高美濃なら△6一の金)」
「攻め駒が足りなければ、と金を作って攻めよう。」
安田さんの次局に期待です。

3回戦○豊川小VS比布Dチーム●
大将:坂下くん○
中堅:畠山さん○
先鋒:安田さん●
IMG_0368.jpg
坂下くんは、相手の四間飛車穴熊に居飛車で対抗。相手からの仕掛けを巧みに封じながら飛車先突破に成功し、固い穴熊を横から粉砕して勝利しました。
畠山さんは、相手の無理攻めに自然に応じて駒得を重ね、相手の手が無くなったところで反撃開始。危なげなく寄せ切りました。
これで2本先取し、嬉しいチーム2勝目です!
安田さんは相居飛車から相手が穴熊に囲う展開に。ここで先ほどのアドバイスが生きました!
大駒と成駒で3一の地点を執拗に狙い、穴熊の弱体化に成功。初勝利までもうすぐです。
130519_007.jpg
相手が△2八龍と引いてきました。安田さんは勇躍とした手つきで、▲3一龍。
しかし、△7八銀成と取られて、「あっ!」
自玉が「詰めろ」になっていたことに、指してから気付きました。
勝利まであと一歩だったのに…
しかし、ここで再び事件が起きます。
図から△7八銀成▲9八玉に△7九成銀と進んだのです。
ここで▲8八○と合い駒をすれば先手玉は不詰み。
奇跡っ…!再逆転かっ…と思ったところで、安田さんは▲2一馬と指し、△9八龍と玉を取られてまたまた「あっ!」(笑)
安田さん、言葉通り、初勝利まであと一歩でした。本当に惜しかった…。
勝ちが見えると、自玉の危険度を見落としがちです。
終盤の鉄則をしっかり身につける必要がある、と改めて感じる一局でした。
1相手玉に詰みがある→詰ます
2相手玉は詰まず、自玉に詰みがある→受けるor詰めろ逃れの詰めろ
3相手玉は詰まず、自玉も詰まない→詰めろをかける
これができるようになれば終盤力が格段にアップし、安定感も増すのだろうと思います。

4回戦●豊川小VS手稲鉄北小○
大将:坂下くん●
中堅:畠山さん●
先鋒:安田さん●
130519_008.jpg

最終戦の相手は、本大会優勝の最有力候補であり、苫小牧民報杯にも参加してくれている塚崎兄弟チーム。
最終戦にこのチームと当たれたということ一つとっても、豊川小チームの健闘ぶりがわかるというものです。
しかし、さすがに優勝候補だけあって、対局は厳しいものでした。
坂下くんは、棒銀からの速攻を繰り出しましたが、△5五角から飛車のコビンを鋭く攻める反撃に遭い敗戦。
畠山さんは、相手の四間飛車に矢倉に囲ったのが祟ったか、薄い4筋を破られてそのまま押し切られました。
安田さんは、序盤の矢倉の駒組みまでは文句なしの100点でしたが、▲3五歩△同歩▲同角△3四歩▲4六角と引かれたときに、飛車取りになっていることを見落とし、飛車をタダ取りされてゲームセット。ただ、局後に相手(小3)から「序盤の組み方は良かったですよ。」と誉められたように、着実に成長していることがわかる一局でした。

【結果】
2勝2敗 9チーム中5位
惜しくも入賞は逃しましたが、昨年の12戦全敗の屈辱を晴らすに十分な、価値ある5位だったと思います。
私自身も、三人の対局を観戦しながら、将棋教室で指導していることの成果や、指導が不十分な課題も見取ることができました。
本大会の結果を受けて、子ども達同様、我々指導者も心を新たに努力していきたいと思います。

坂下くん、畠山さん、安田さん、大会参加ありがとうございました&お疲れ様でした。
さらなるレベルアップを目指して頑張っていきましょう。
他の教室会員の皆さんも、周囲のお友達を誘って来年度はぜひ参加しましょう!
130519_009.jpg

(大会引率&管理人S)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日本将棋連盟苫小牧支部

Author:日本将棋連盟苫小牧支部
FC2ブログへようこそ!当支部へのお問い合わせは…tomakomaishogi-receiveonly☆yahoo.co.jp
※☆を@に変えてご送信下さい。

小中学生将棋教室生徒募集中!
小中学生将棋教室ポスター
お問い合わせは支部メールにてお願いします。
カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR