2013年 さっぽろ東急夏休み将棋祭り 第2日目

ブログの更新につい力が入ってしまい夜更かししたため、この日の朝は寝坊してしまいました(汗)

例年は初日のみの参加でしたが、今年は予定が入らなかったので2日目も会場入りできました。
昨日同様、レポートいたします。

【初段獲得戦】
昨日の二段戦ベスト4のFくんに加え、初段戦では格が違うOさんが参戦。
二人とも順調に勝ち上がっていきました。
130814004.jpg
↑相振り飛車の熱戦を制したFくん(右)最後は判定勝ちでしたが、実に落ち着いた指し回しでした。
 
130814005.jpg
↑居飛車穴熊に組むと期待勝率大幅アップ。Oさんの玉が果てしなく遠い…

しかし二人には試練が待っていました。
ベスト8入りをかけた対局から。
130814001.jpg
今、後手が△5七桂成としてきたところ。
「飛車一枚では厳しい攻めはない。」と判断し、▲同玉と取りましたが、そこで△6九飛が後手の狙いでした。
予想外の攻めに動揺したOさん、その後の疑問手を咎められてあえなく敗戦となりました。
途中までいい局面が続いていただけに惜しい一局でした。
図では成桂を取らずに玉を引いてどうか、ということでした。

Fくんのベスト4入りをかけた対局は、服装からおそらく札幌市のS町中の生徒さん。
Fくんもう一つの主力戦法四間飛車穴熊に相手は居飛車穴熊で対抗。
難しい局面が続きましたが、戦いの中で居飛車が6筋に拠点を作ることに成功。
Fくんも必死に粘りましたが、無念の投了となりました。
130814006.jpg
↑さっきの相手の仇討ち?S町中生のレベルアップも目を見張るものがあります。

「昨日がベスト4で今日がベスト8とは…」局後Fくんも苦笑い。
二段戦にも初段戦にも強い人はたくさんいる、ということですね~。
二人ともお疲れ様でした。

【一般戦】
Kくんが参戦。が、本日は1回戦で敗れたとのこと。
よく見ると一般戦には全道大会常連の方がちらほら…。
でも、逆に言うとそういう方達と対局できるチャンスでもあります。
いい経験になった、と前向きにとらえたいものです。

【小中学生大会】
昨日も参加したKくん、Sくん、中学生のIくんに加え、(たぶん)Nくんの4名が参加。
Iくんからは「1回戦で散りました(苦笑)」と報告がありましたが、SくんとNくんはどうだったかな…
130814002.jpg
↑Kくんと同じく2日連続参戦のSくん。そのやる気が棋力向上には不可欠!

こちらの大会は中学生も参加してくるので、当然昨日の子ども大会より格段にレベルアップしています。
その中でも、Kくんは快進撃を続けました。
130814007.jpg
↑準決勝の相手は札幌のK川さん。最終盤、K川さんの王手ラッシュを凌ぎ切り、決勝に駒を進めました。
いかに熱戦だったか、二人の表情からもうかがえます。

130814008.jpg
↑決勝の相手は札幌のS藤さん。K川さんもS藤さんも苫小牧民報杯に参加して下さった方です。ちなみにもう一つの山で準決勝に進出したI原くんも苫小牧の大会に参加して下さったことがあります。そういった子達の活躍は我々としても嬉しいものです。
さて、決勝戦ですがS藤くんが一枚上手だったようで、Kくん惜しくも敗れました。
2日連続の準優勝は立派ですが、あと一歩で優勝を逃した悔しさの方が強いかもしれません。
この悔しさをテーブルマーク大会で晴らせるよう精進してほしいですね。

ちなみに昨日6局、今日6局、指導対局1局、Kくんは2日で13局指したということになるんでしょうか。
これは東急将棋祭りの歴史を紐解いてみても、ちょっとした記録ではないかと思いました(笑)

【指導対局】
今日はNくんが抽選で深浦九段の指導対局に選ばれました。
先日日浦先生に惜しくも敗れた6枚落ちで再挑戦、今回は見事に勝利しました!
棋力向上が目覚ましいNくん、これからの活躍が楽しみです。
写真 2013-08-14 12 36 12
↑深浦九段に6枚落ちで勝利したNくん。(一番奥)
局後「もっと勉強して、さらに強くなってくださいね。」とアドバイスを頂いたそうです。
憧れのプロ棋士に直接ご指導頂いて、さらにやる気もアップしますね。
130814009.jpg
閉会式では、「また来年も開催いたします!」と力強いお言葉を頂きました。
改めて、皆様ありがとうございました。
特に、上村四段には、ものまねのレパートリーと精度をさらに上げて活躍の場を広げていってほしいと思います(笑)

【大会後】
Kくん、Fくんと四市対抗戦の話をしていたところ…
私「二人は四市対抗戦出れそう?」
Fくん「ぼくは出るつもりです。」
Kくん「ぼくも出たいんだけど、宿題が…あと期末試験が…」
Fくん「え、宿題?」
Kくん「実は今日持ってきたんだけど…」
Fくん&私「えーーーっ!?」
かばんからおもむろにテキストを取り出し、Fくんに見せるKくん。
「全然わかんねー(高校の問題だから当然だ・笑)」とつぶやいたFくんもそういえば受験生だったよね?(笑)
私「四市対抗戦に出たら8時間ぐらい大会に費やすから、それまでに予定より8時間多く勉強時間を捻出すればいいんじゃない?」
Kくん「うーん…」
さあ、Kくんは自分にノルマを課し、四市対抗戦に出られるのか?要注目です。
それにしても、Kくん、宿題を持ってきてたはいいけど、いつどこでやるつもりだったのでしょう…(笑)
まあでも気持ちはわかります。
かばんに入れておけば、いつでも宿題ができるという安心感があるんだよな~。
でも、宿題を持ち歩いたことに満足して、大体手をつけないで帰宅しちゃうんだよな~(笑)

学生の皆さん、学業と将棋を両立できるようにがんばってください!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日本将棋連盟苫小牧支部

Author:日本将棋連盟苫小牧支部
FC2ブログへようこそ!当支部へのお問い合わせは…tomakomaishogi-receiveonly☆yahoo.co.jp
※☆を@に変えてご送信下さい。

小中学生将棋教室生徒募集中!
小中学生将棋教室ポスター
お問い合わせは支部メールにてお願いします。
カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR