第17回佐々木杯 大会の模様

当日は素晴らしいお天気でした。

sasaki011
全道各地から将棋愛好家がグランドホテルニュー王子芙蓉の間に集結。その数なんと200名以上。壮大です。

sasaki012
今年の全道選手権覇者、桜庭篤さん(札幌I)と、平成8年の同選手権覇者、山本伸さん(苫小牧)の新旧全道選手権者対決。桜庭さんとの対局を熱望していた山本さん。これは将棋の神様からのプレゼントだったのでしょうか?(結果は桜庭さん勝ち)

sasaki013
「これは全国大会の決勝です。」といってもおかしくはない道内屈指の好カードが1回戦で実現した、金内(稚内)-武田(札幌D)戦。(結果は武田さん勝ち)

sasaki016
佐々木杯史上最年少チームなのでしょうか?今大会の目玉チーム、小中学生だけで構成された旭川Cチーム。前夜祭の挨拶で「手加減してください。」と言っていたのはもちろん冗談。全道の強豪を相手に真剣勝負を繰り広げ、結果3勝1敗で堂々の6位。来年は一躍優勝候補になるかもしれませんね。

sasaki015
個人戦も大盛り上がり。女性同士の対局もありました。

sasaki017
大会後半戦の様子。手前右側は名寄支部の助っ人として大車輪の活躍を果たした、服部前苫小牧支部長。

sasaki018
3回戦のハイライト、渡辺俊雄さん(札幌A)と黒沢裕人さん(十勝A)の対局。進行の都合で秒読み20秒の中、死力を尽くした戦いが繰り広げられました。(結果は渡辺さん勝ち)

4回戦終了時点で、4戦全勝は札幌Aと旭川Aとなり、この2チームで優勝決定戦を行いました。
2勝2敗と互いに一歩も譲らない展開になりましたが、最後の1勝を挙げたのは札幌Aでした。
この結果、札幌Aチームが、見事優勝を果たしました。
sasaki019
↑札幌Aチームのみなさん、おめでとうございました。

<団体戦結果(ベスト10)>
優勝:札幌A(4勝)
2位:旭川A(4勝)
3位:札幌D(3勝&勝数15)
4位:釧路A(3勝&勝数14)
5位:稚内(3勝&勝数12)※大将3勝・副将2勝・三将3勝
6位:旭川C(3勝&勝数12)※大将3勝・副将2勝・三将2勝
7位:札幌E(3勝&勝数12)※大将2勝
8位:旭川B(3勝&勝数12)※大将1勝
9位:札幌H(3勝&勝数11)
10位:十勝C(3勝&勝数10)

※個人戦結果は後日追記いたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日本将棋連盟苫小牧支部

Author:日本将棋連盟苫小牧支部
FC2ブログへようこそ!当支部へのお問い合わせは…tomakomaishogi-receiveonly☆yahoo.co.jp
※☆を@に変えてご送信下さい。

小中学生将棋教室生徒募集中!
小中学生将棋教室ポスター
お問い合わせは支部メールにてお願いします。
カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR