平成29年 春の将棋体験会レポート

3月25日(土)ココトマで春の将棋体験会を行いました。今回で3回目です。
ネットからの事前申し込みが前年より少なく、「今年は少数精鋭かな…」と思っていたのですが、何と18名も参加がありました!
苫小牧民報の宣伝記事に「当日参加もOK」という文面があったのがよかったのかも…民報社様、ありがとうございます(^^)
開始前
開始前。早速どうぶつしょうぎであそんでいる子もちらほら。

開会式
開会式の様子。
開会式02
開会式の様子2。


第1部「どうぶつしょうぎであそぼう」

前半はどうぶつしょうぎを使いました。
どうぶつしょうぎは、将棋の基本ルールを身に付けるのに適したゲームです。
・ライオンをつかまえれば勝ち。(トライでも勝ち)
・駒には、それぞれ動き方の特徴がある。(印のついているところに一マスだけ動ける)
・自分と相手と一手ずつ交代で指す。
・1つのマスの中に入れるのは1匹だけ。
・相手のどうぶつを捕まえたら仲間にできる。
・仲間にしたどうぶつは、自分の番のときに、空いているマスのどこにでも置いて使うことができる。
・ひよこが一番上に行ったら(トライしたら)にわとりにパワーアップ。(成る)
これらのことを遊びながら身に付けることができます。
これらが理解できれば、もうすぐに将棋も指すことができます。

どうぶつしょうぎが全く初めて、という子に集まってもらってデモンストレーションを行った後は、いよいよ参加者同士での交流戦です。
勝った人はライオンシール、負けた人はにわとりシールがもらえるとあって、みんな張り切って対局していました。
どうぶつ将棋タイム
どうぶつ将棋を楽しむみなさん。

優勝
最多得点のお友達には、どうぶつ将棋ノートをプレゼント。

最下位
一番ひよこが多かった子にも、どうぶつ将棋ノートをプレゼント。負けてもたくさん対局したのが偉かったよ!

第2部「将棋を指してみよう」
後半はいよいよ将棋にチャレンジです。
参加者の中で「将棋を知っている、指せる!」という人はすぐに対局を楽しんでもらいました。
今日が初めて、という子たちには「入門将棋」を体験してもらいました。
入門将棋とは、下のような図の局面での対局です。
局面図
下手(したて)の駒は玉・飛・角・歩。これはどうぶつ将棋の駒とリンクさせるために、あえて減らしています。
初めての子が11人いたので、3・3・3・2人ずつに分かれてもらい、応援に来てくれた支部会員の教室生徒さんに上手をもってもらいました。
上手の子には「相手の駒を取らない」「入玉しない」「寄せづらいところに逃げない」と指示しましたが、これは「うまく負けなさい」ということなので、生徒さんにとってはちょっとつらかったかもしれませんね…(笑)でも、将棋好きの友達を増やすためには、うまく負けてあげることも大切なのですよ(笑)
狩野
石井
斎藤
入門将棋の上手を快く引き受けてくれた教室生のみなさんと、参加者のみなさん。

あっという間の2時間でした。
我々スタッフも、将棋で楽しくあそんでいる子どもたちの様子を見て、たいへんうれしく思いました。
ご参加くださりありがとうございました。
今回のイベントをきっかけに、将棋やどうぶつしょうぎに親しんでくれる子が一人でも増えてくれれば幸いです。
また、お手伝いに来てくれた教室生徒のみなさんも本当にありがとうございました。
みなさんのおかげで、初めての子たちにも将棋の楽しさを味わってもらうことができました。

平成29年度の将棋教室は4月15日(土)13:00開始予定です。(苫小牧市文化会館)
4月の教室は無料で体験して頂けますので、今回のイベントで興味をもたれた方、また本記事を読んで興味をもたれた方は、ぜひお越しください。お問い合わせは、ブログトップページ右上に記載のメールアドレスからお願いいたします。
(管理人S)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日本将棋連盟苫小牧支部

Author:日本将棋連盟苫小牧支部
FC2ブログへようこそ!当支部へのお問い合わせは…tomakomaishogi-receiveonly☆yahoo.co.jp
※☆を@に変えてご送信下さい。

小中学生将棋教室生徒募集中!
小中学生将棋教室ポスター
お問い合わせは支部メールにてお願いします。
カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR