お見事でした

支部対抗戦の熱戦のようすを、さわりだけ、ご紹介したいと思います。
3回戦、苫小牧B(大谷)とみずならキッズ(石井亮多)の大将戦


対石井戦図面①
図は後手の私(大谷)が龍をはじいたところ。
先手をとって△4七とで、一手一手と思っていましたが・・・


対石井戦図面②
▲2二銀がまったく読みになかった好手。
△同金は▲4二金で寄ってしまいます。


対石井戦図面③
気を取り直して△2二同玉▲4一龍△3一銀としたところ。
さすがにこれで手はないと思ったら・・・


対石井戦図面④
▲2四歩△同歩▲4二金が意表の好手第二弾!
△同金は▲2三歩で攻めがつながるという仕組みです。


秒読みでこんな手を連発されたら、そらまじ、パニクリますわ ((((;゚Д゚)))))))
動揺を引きずったまま△4七ととしたため、▲2四飛以下詰んでしまいました。

局後の検討では、第一感の△2三銀が正解のようでした。
それでも石井君によれば▲2一金~▲2四飛が読み筋とのことで(!)
どちらにしても正解を選び続けるのは私の力では無理でしたね。

いや、お見事でございました!

(文責 O)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日本将棋連盟苫小牧支部

Author:日本将棋連盟苫小牧支部
FC2ブログへようこそ!当支部へのお問い合わせは…tomakomaishogi-receiveonly☆yahoo.co.jp
※☆を@に変えてご送信下さい。

小中学生将棋教室生徒募集中!
180224_とまこむ記事
お問い合わせは支部メールにてお願いします。
カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR