おすすめ棋書紹介5 終盤編「3手詰めいろいろ」

1手詰めを卒業したら、次は3手詰めにチャレンジ。
ただし、1手詰めから3手詰めへのステップアップは、かなりの段階の差があると考えたほうがよいです。

なぜかというと、3手詰めは「相手の最善の応手を読む」という作業が入るからです。
1手目(自分の手)→2手目(相手の応手)→3手目(2手目に応じた自分の手)
と読まなければいけないので、単純に読まなければいけない量が増えます。
それは、読みぬけの可能性がグンと増えるということでもあります。
また、2手目と3手目の駒の動きを脳内の将棋盤で処理しなければいけません。
これが大変なのです。
しかし、この訓練を繰り返すことで、終盤の局面はもちろん、1局全体を通して、読みの力が増えることは間違いありません。
詰め将棋の練習をすることが、終盤力だけでなく棋力向上に大いに寄与するのも、この「脳内で読む」という大変な作業を潜り抜けるからなのです。
とはいえ、最初から脳内で読む続けるのも初心の方には酷な話。
以前プロ棋士がどこかで言っていましたが、「詰め将棋はわからなければ盤に並べて解いても良い」のだそうです。
慣れるまでは盤駒を使って解くのもいいでしょう。

前置きが長くなりましたが、3手詰めおすすめ本を紹介します。

3手詰ハンドブック1&2(浦野真彦)



1手詰めでも紹介した「1手詰めハンドブック」の姉妹作。
このシリーズは、実は5手→3手→1手の順に発表されています。
1の方は、3手詰めの中でも、最も優しい形から始まっている(例:金を二枚打って詰み、のような並べ詰み)ため、抵抗なく取り組めるのではないかと思います。
2の方は、読んだことがないのですが、1で取り扱っていない詰み筋を扱っているのではないかと思います。
ただ残念なのは、どうも絶版になったようで、入手がやや困難になってしまったことでしょうか。
アマゾンでは定価以上の値段がついていますが、状況が許せば手に入れることをおすすめします。

将棋3手詰め入門ドリル

この本も、3手詰めに初めて挑んだ人が挫折しないように…という構成がとられています。
というのは1手詰めと3手詰めがセットで出題されているのです。
1手詰めで学んだ基本を3手詰めで生かす、と言う形になっているため、3手詰めを解くときは、先にやった1手詰めの形に持っていけばよく、その分読みの負担が軽減されます。
私も初めて見たときは、「素晴らしい作りだな」といたく感心しました。
幸い新品の在庫もまだあるようですので、本書から入るのも良いかもしれません。

(管理人S@札幌帰省中)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日本将棋連盟苫小牧支部

Author:日本将棋連盟苫小牧支部
FC2ブログへようこそ!当支部へのお問い合わせは…tomakomaishogi-receiveonly☆yahoo.co.jp
※☆を@に変えてご送信下さい。

小中学生将棋教室生徒募集中!
小中学生将棋教室ポスター
お問い合わせは支部メールにてお願いします。
カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR