おすすめ棋書紹介6 終盤編「5手詰めいろいろ」

1手詰め→3手詰めの段差が非常に大きいですが、3手詰め→5手詰めもなかなか厳しいです。
やはり読まなければいけない量が増えるからです。
ただ、3手詰めをきっちり勉強してから挑めば、思ったよりきつくないのではないか、とも思います。
1つは、3手詰めをきっちりやっていれば、脳内で読む習慣がある程度身についてきているはずなので、それほど苦しくないということ。
もう1つは、3手詰めで学んだ手筋(退路封鎖、玉を危険な場所におびき出す…など)の組み合わせで大体解けるということ。
前述の3手詰めトレーニングをしっかり積み重ねていれば、5手詰め恐れるに足らず!
がんばってチャレンジしましょう。

5手詰めハンドブック1&2(浦野真彦)



浦野七段のハンドブックシリーズは、5手詰めからスタートしました。
「○手詰め」に特化した本が出始めたのは本書がきっかけだったと思います。
このシリーズのキャッチフレーズは「思わず解いてみたくなる好形」。
実戦に現れそうな形になっているものが多いのです。
詰め将棋は苦行と感じる人も多いようですが(管理人もそのうちの一人でしたが)、実戦的な形をしているだけで、「これは終盤力のアップにつながるぞ!」という気持ちが湧き起こり、やる気も出るというものです。
ただ3手詰めハンドブック同様、1はやはり絶版になってしまっているようです。
2はまだ在庫があるようですので、興味のある方はお早めに!

5手詰め将棋(高橋道雄)

現在NHK将棋講座で講師を務めている高橋九段。
高橋九段は執筆活動に意欲的で、良書が非常に多いです。
定跡書がメインと思っていたのですが、詰め将棋の本も多く出されていました。
その中でも本書は特に素晴らしいです。
5手詰めハンドブックよりも難易度が低く、かつ5手詰めハンドブック以上に実戦に表れそうな形の問題ばかりだからです。
5手詰めに特化した本はあまりないようですが、5手詰めに初めてチャレンジする人には本書を1番最初に手に取るのがよいでしょう。

将棋教室上級コースの詰め将棋大会は5手詰めが標準のようですので、本書をマスターし、詰め将棋名人を目指しましょう!

(管理人S@札幌帰省中)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日本将棋連盟苫小牧支部

Author:日本将棋連盟苫小牧支部
FC2ブログへようこそ!当支部へのお問い合わせは…tomakomaishogi-receiveonly☆yahoo.co.jp
※☆を@に変えてご送信下さい。

小中学生将棋教室生徒募集中!
小中学生将棋教室ポスター
お問い合わせは支部メールにてお願いします。
カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR