将棋教室 初心・初級コース おすすめの本 その1

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

私管理人Sは昨年から本格的に将棋教室のお手伝いができるようになり、初級コースを1年間担当させて頂きました。
1つのテーマを3か月(6回)で学習する、ということをやってきました。
1~3月→攻め方講座
4~6月→受け方講座
7~9月→終盤講座
10~12月→寄せ方講座

当初は前半1時間が講座、後半は20分で戦法学習、20分でその戦法の指定局面戦、15分で詰将棋、ともくろんでいましたが、3~4月に初心者の新会員が急増したため、初心コース1時間・初級コース1時間と講座の時間を1時間ずつで行いました。(初心コースが講座中は初級コースは指導対局・生徒同士対局する)
10月からは初心・初級合同で講座を行っていますが、初心コースだった子達も頑張っています。
半年あれば、初級コースの仲間入りができるようになる、という感じです。

さて、初心・初級コース用の教材作りにあたって、私が参考にさせて頂いた書籍を紹介します。
教室生のみなさんにはぜひ手に取って読んでもらいたい本です。

私が見てきた入門書の中で、間違いなくNO.1の1冊です。
この1冊で将棋の基礎中の基礎は確実に身に付きます。
「駒を取る」「敵陣を攻める」「駒を成る」「玉を詰める・寄せる」「囲う」を5か条として、1つ1つをとてもわかりやすく解説しています。
初心コースのお子さん必携の1冊です。


この本の秀逸なところは、序盤の指し手1つ1つの意味を詳細に解説しているところです。
特に、初形で考えられる手全てに対し、この手は○○だから価値が高い、この手は○○だから悪手…と解説しているところが秀逸。手の意味やねらいを考える力が付く本です。


初心者の将棋の特徴は「将棋が終わらない」すなわち玉を寄せることができないことです。
この本は終盤の考え方を教えてくれる本です。
特に、優れているのは、
詰み>必至>詰めろ・寄せ
これらの違いをわかりやすく解説していること。
詰ますためには、次に詰む状態を作らなければならない。(詰めろ)
そのために、攻め駒を玉のそばに寄せて行かなければならない。(寄せ)
ということがとてもわかりやすく書いています。

この3冊は振り仮名がふってあるので、子どもだけで読めるのも大きなメリットです。


NHK将棋フォーカスの初段を目指す講座「野月浩貴のイチ押し! 初級アカデミー」の内容がまとめられた本です。
子どもが一人で読むには難しい本ですが、野月七段独特の初心者へのアプローチの仕方は基本を押さえつつも随所に斬新なアイディアが多いt感じました。初心者に教える機会がある人は一読の価値ありと思います。


NHK将棋フォーカスの初段を目指す講座「藤井猛の初出し攻め方フォーラム」の内容がまとめられたものです。
講座を全て見ていましたが、駒得する、駒交換をする、数の攻めで敵陣を突破する、両取りで駒得する、といった攻めるときの考え方や基本手筋が満載でした。まだ発売されていないのでわかりませんが、これも指導者必携の一冊になるのではないかと思います。


初心者に必要なことは、「詰みとは何か」「どういう形になったら詰か」を繰り返し練習すること。
本書は特に最初の方の問題が詰み形の基本中の基本を網羅しています。

何かの参考になれば幸いです。
(管理人S)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

日本将棋連盟苫小牧支部

Author:日本将棋連盟苫小牧支部
FC2ブログへようこそ!当支部へのお問い合わせは…tomakomaishogi-receiveonly☆yahoo.co.jp
※☆を@に変えてご送信下さい。

小中学生将棋教室生徒募集中!
小中学生将棋教室ポスター
お問い合わせは支部メールにてお願いします。
カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR