小中学生将棋教室(平成24年9月22日)

初級コースは11名、上級コースは7名の参加でした。
初級コースの会員が徐々に増えてきました。
支部としても一層の普及に励んでいきたいと思います。

四枚落ちの戦い方を盤に並べて勉強する初級コースのみなさん
120922_001

120922_002

上級コースでは、グループ対抗の詰将棋解答合戦が行われました。

苫小牧支部のエースKくんと、問題行動で中條先生からの警告が累積しているカードトリオ3名。
120922_003
※本日も苫小牧支部の裏エースIくんはイエローカード2枚で退場処分を受けていました(笑)

「小中学生将棋教室」ですが、高校生以上の方でも支部に入会して頂ければ、教室に参加できます。
成人の姿も徐々に増えてきました。
120922_004

将棋教室日誌(平成24年7月28日)

本日は上級コース5名、初級コース4名と参加者は少なめでした。
夏休みで外出した生徒さんが多かったのでしょうか。

◆初級コース
前回と同じ教材を使い、美濃囲いの崩し方を学習しました。
易しいものから難しいものまで4問。
しかし必ずマスターしてほしいものばかり。
家に帰ってからも何度も復習してほしいと思います。
そのあとは指導対局でした。
120728_001
↑夏の暑さにも負けず将棋に打ち込む初級コースのみなさん

◆上級コース
今日の戦法は後手が5五歩から主導権を握りにいく、後手急戦矢倉。
しばらく下火になっていましたが、平成20年の竜王戦第6局、第7局で渡辺竜王が連採し逆転防衛に成功、竜王7連覇の原動力となった戦法です。
後半は詰将棋(5手詰)に挑みました。
8問中1問もできないとイエローカードをもらってしまうという厳しいルールです(笑)
上級コースの裏エースIくんがもらってしまったそうです…次回は頑張ろう!
120728_002
↑次の一手を真剣に考える上級コースのみなさん


小中学生将棋教室(平成24年2月4日)

初級コースは7名の参加でした。
・1手詰め
・指導対局
12020401
↑工藤支部長による一手詰めの解説に耳を傾ける生徒の皆さん

上級コースは6名の参加でした。
・必死問題
・詰め将棋
が主な内容でした。
12020402
↑「今日の必死問題は難しい問題が多かったです」by中條幹事長

15時からの指導対局では、8枚落ちで快進撃を続けていた保育園年中のOくんが中條幹事長に挑戦!
12020403
四間飛車+銀冠の堂々たる布陣で戦いましたが、左銀の活用が遅れたため角頭を攻められ角を取られてしまいました。
そのまま駒を取られて無念の敗戦。
しかしこの一局で、「角の頭は銀で守る」ことをしっかりと覚えたことでしょう。
今後が楽しみです。

※狩野くんは本日旭川で行われた三浦綾子記念子ども将棋大会に参加、3勝2敗の成績を収めました。
こちらで狩野くんの将棋が解説されています。

小中学生将棋教室(1月28日)

初級コースは7名の参加でした。
・1手詰め(桂・香の詰め)
・美濃囲いを覚えよう
・指導対局
という内容でした。

詰め将棋の解説に耳を傾ける初級コースの皆さん。

DSCF1796.jpg
こちらはややお疲れ気味?

上級コースも7名ほどの参加でした。
・必至をかけよう
・詰め将棋
という内容でした。
「長い詰みより短い必至」という格言があります。
自玉に一手の余裕があれば、詰みを狙わず必至を目指したほうが勝率が上がること間違いなし。
しっかり身につけて実戦に生かしてほしいと思います。
DSCF1799.jpg
制限時間内に問題を解こうと必死の上級コースの皆さん

参加された皆さん、お疲れ様でした。
(管理人S)

7月23日(土)小中学生将棋教室 日浦市郎八段による講座&指導対局

ご実家に帰省中の日浦八段が、小中学生将棋教室に指導に来て下さいました!

↓子ども達にお話して下さっている日浦八段(右)。左は工藤支部長。
110723_001

最初は、生徒の実力を図るべく、詰め将棋が出題されました。

3手詰めを軽々と解いた本間くん(5年)に、日浦先生も感心のご様子。
110723_002

「次は5手詰めです。解けるかな?」上級コースの生徒の中には、見た瞬間に手を挙げる子も。
110723_003

中條幹事長に抱っこしてもらいながら(少し助言ももらいながら)見事正解!「将来が楽しみですね。」と日浦先生。
110723_004

その後、いよいよ指導対局スタート。教室生全員が各自の棋力に合わせて駒落ちで指導して頂きました。
110723_005

110723_006
下手側で勝利を収めたのは、詰め将棋名人の千葉くんのみでした。優勢を築きながらも、攻め急いでチャンスを逃してしまった子が多かったようです。ちなみに、教室生全員への指導が終わった後、大人も指導して下さいました。管理人もご好意に甘えて、飛車落ちで指導して頂きました。(結果は…負け)

プロの先生に教えて頂いたこと、子ども達にとってはきっと忘れられない思い出になったことでしょう。
これを機に、子ども達は将棋への情熱をさらに高め、精進していってくれることと思います。

お忙しい中、スケジュールを調整してお越しくださった日浦先生、本当にありがとうございました。

(管理人S)

6月25日将棋教室

遅れましたが
6月25日の将棋教室の模様をお伝えします
参加者は上級者7名、初級者コース6名参加でした。

上級者コースの内容
1.原始棒銀の定跡を例題9問を解きながら学びました。
  以外と奥が深い戦法で初心者の戦法とバカにはできません。
2.詰将棋選手権
  詰将棋名人賞は同点で千葉君と藤井君でした。
↓は真剣に解く生徒達
2011_0625_142804-DSCF0439.jpg
↓は詰将棋名人賞常連の千葉君
2011_0625_160345-DSCF0447.jpg
↓中央が藤井君 (横山君が撮影を妨害)
2011_0625_160241-DSCF0445.jpg
3.自由対局
動物将棋で中條対横山君がお菓子を賭けた大勝負!
結果はなんと横山君が勝利!
あんドーナツをゲットされました。
食べ物がかかると横山君強し
集中力が違いました。

(中條 大きな森の動物将棋では負けないんだけどな…)

6月11日将棋教室

6月11日将棋教室行いました
参加者は上級者コース7名 初級者6名
大会前日の将棋教室なので上級者の生徒達
はかなり気合がはいっていました。

1.上級者コースの内容
プロの実践譜から終盤での寄せの基本手筋
を使った問題8題を勉強しました。
終盤での大切な格言「玉は下段に落とせ」
「守りの金を攻めよ」「包むように寄せよ」
などの金言を実戦で生かしていきましょう。

2.詰将棋解答選手権
持ち時間20分のなか5手詰め8問出題
最高で6問正解とまだまだ修行不足です。
詰将棋名人賞は該当者なし
毎日詰将棋は解きましょう。解けなかったのは宿題です
↓真剣に解く上級者コースの生徒達の様子
2011_0611_143311-DSCF0405.jpg

3.自由対局
地元苫小牧の強豪江川さんが登場
子供達に指導いただきました。
↓指導対局の様子
2011_0611_151415-DSCF0408.jpg
↓小橋君対狩野君 狩野君平手で挑戦し勝利!確実に力を付けてきています。
2011_0611_162538-DSCF0411.jpg

(中條) 強くなるためにはどうしたらよいか自ら考え実践していただきたいです。
     「努力なしの近道はない」みなさん頑張ってください。

5月28日将棋教室

この日の将棋教室は13名参加
上級者7名 初級者6名
2週連続の開催はひさびさでした
1.上級者コースの内容
テーマ 銀冠への寄せトレーニング
銀冠の弱点はすそあきと銀の頭
無題
9三香と捨てるのが手筋の攻め
以下 同玉、9一竜、9二香 9五歩 同歩 9四歩 同銀 9五香と攻めは続く

2.詰将棋解答選手権
2011_0528_143212-DSCF0380.jpg
一生懸命に解いていましたが、今回は問題がむずかしかったか
全問正解者なし

3.自由対局
昇級者はいませんでしたが、小橋君が大人相手(4段格)に長手数の即詰みで快勝!さすが
2011_0528_151658-DSCF0382.jpg

(幹事長 中條 ↑唯我独尊の赤いTシャツかっこいいね)12日の倉敷王将戦は私も札幌に行きます。

5月21日将棋教室

本日の将棋教室は15名参加
上級者コース8名
初級者コース7名でした

上級者コースの内容
1.本美濃囲いへの寄せを勉強しました。(8題出題)
正解者が1番少なかった問題↓
A1.png
正解は8六桂 以下6三金ならば4三角、7一金 9四桂 同香 9一銀と攻めて寄せきれる

2.詰将棋解答選手権
5手詰め8題と7手詰4題を30分以内でノーミスで全問解いた子が2名
↓詰将棋名人の千葉君と小橋君が見事パーフェクト!
2011_0521_154552-DSCF0372.jpg
1問だけ不正解の準パーフェクトも2名いて全体的レベルが上がってきています。

3.自由対局
↓自由対局の模様 (中央手前 横山君だけカメラ目線)
2011_0521_155013-DSCF0373.jpg
↓デジカメで撮ろうとすると邪魔してくるぐらいの目立ちたがり屋さんです。
2011_0521_153902-DSCF0369.jpg

(幹事長 中條)6月12日の倉敷小学生王将戦が楽しみです。札幌に遠征に行こう!

5/22追記
初級者コース(入門コース)の内容

本日は教室体験希望者が2名来てくれました。
参加者の1名も加えて3人で将棋の基礎の基礎からお勉強しました。

1.指導対局(駒の動かし方チェック)
講師と10枚落ちで対局。これは正しく駒を動かせているかを確かめるためのものです。全員OKでした。

2.一手詰め(12問)
1手詰めハンドブックから12問を出題しました。
まだ符合を使っての問答は難しいので、3人には1つの盤の前に座ってもらい、盤面に問題を作って、実際に駒を動かしてもらって答えてもらいました。
12問で、頭金・金と銀の動きの違い・成・不成の違いを学習しました。
指導していて改めて思ったのですが、一手詰めは、「玉の詰まし方」と同時に、「駒の動かし方」「成・不成」「相手の受け駒の利き」など、将棋の基礎を楽しみながら学ぶことができます。
ちょっと難しい問題もあったけど、3人とも楽しく取り組んでくれました。

3.パクパク将棋
昔、将棋世界誌でちらっとみたことのある指導法です。
平手対局なのですが、上手は下手の駒を取りません。
なので、下手は安心して上手に駒をぶつけ、駒を取ることができます。
この指導のねらいは次の4つです。
・正しい駒の動かし方を身につける。
・相手の駒を取る感覚を身につける。
・駒と駒がぶつかったら取る、という感覚を身につける。
・取った駒(持ち駒)を使うことを覚える。

1回目で▲7六歩△8四歩▲3三角成と来られて、ひどい目に遭いました(笑)
「この将棋ではいいけど、普通にやったら△同角と取られちゃうからね。」と時々指導することは大切かもしれません。
絶対に自分の駒を取られない、という安心から、どんどん攻めてきてくれました。
これも慣れてきたら、「○手以内に詰まそう」と制限をつけると面白いかもしれない、と思いました。

4.裸玉に挑戦!
裸玉とは、上手が玉一枚の状態で下手と戦うハンデ戦です。
覚えたての初心者の相手をすることが多い管理人が、もっとも得意な駒落ち戦であります(笑)
裸玉戦で身につけるべき事項は…
・飛車と角を成ることを知る
・▲7六歩の価値がとても高いことを知る
・▲2六歩から飛車をと金を作りにいく手も価値が高いことを知る。
・歩を取られないように、歩を守ることを知る。
・玉を詰ますときは、竜と馬(+と金)の2~3枚で詰ましにいくことを知る。(一人で近づくと取られる!)
ざっとこれだけあります。
管理人に裸玉で勝てば10級!ということで真剣勝負。見事勝利を挙げ10級をゲットしました。
初心者指導において、裸玉はかなり重要だと管理人は考えています。
勝ったらすぐに十枚落ちにいくのではなく、○手以内に詰まそう、という課題を課してもよいかもしれません。
ちなみに裸玉を20手以内に詰ますには、相当の実力が必要だと思います。
興味のある方はぜひチャレンジしてみてください。

5.平手の戦法その1 棒銀戦法
 体験の二人は学校のクラブ活動で将棋クラブに入っている、とのことでしたので、クラブで勝てるように戦法をアドバイスしました。棒銀戦法です。
・▲2六歩▲2五歩と突いて、角頭を守ってこなかったらすかさず▲2四歩と突いて竜作りを狙う。
・△3二金と上がってきたら、▲3八銀▲2七銀▲2六銀▲3五銀▲2四歩と棒銀を狙う。
・相手が△8五歩と伸ばしてきたら必ず▲7八金と守る。
・△8六歩▲同歩△同飛としてきたら、▲8七歩と守る。
・攻めがひと段落したら、▲6八銀▲5八金▲6九玉と囲う。
これひとつで上級生が相手でも相当いい勝負ができるはずです。
少なくとも簡単に負けることはないでしょう。
二人の健闘を祈ります。

110522
↑今日の勉強を生かして、自由対局を楽しむ教室体験者の二人

(管理人S@入門コース担当)

4月23日将棋教室

4月23日将棋教室は
上級者8名、初級者3名の参加
上級者コースの内容
1、美濃囲いへの寄せ問題を勉強しました。
手筋を使えば驚くほど速い寄せがある場合があります。
たとえば↓下図
kyokumennzu_20110423180302.png
6四歩 同歩 6二歩 7一金 5三角!となれば後手受けがなくなる。
kyokumennzu2.png
次に7一竜 同玉 6一歩成の両王手の狙いが厳しい
基本問題だがしっかり覚えておいてほしい
2、詰将棋選手権
12問全問正解パーフェクトで千葉君がまたまた優勝
もはや敵がいないのか
2011_0423_164700-DSCF0310.jpg
3、自由対局
藤井君が平手で大人の奥田さんをやぶるなど
成長いちじるしい姿が見られた。
↓は2面指しで工藤支部長より指導を受ける千葉君(奥)と狩野君(手前)
2011_0423_153817-DSCF0306.jpg
4、本日の昇級者
見事1級に昇級した伊藤君↓は喜びの笑顔です
2011_0423_162042-DSCF0307.jpg
(幹事長 中條)今日はいつもより早くブログアップしました。
プロフィール

日本将棋連盟苫小牧支部

Author:日本将棋連盟苫小牧支部
FC2ブログへようこそ!当支部へのお問い合わせは…tomakomaishogi-receiveonly☆yahoo.co.jp
※☆を@に変えてご送信下さい。

小中学生将棋教室生徒募集中!
180224とまこむ紹介記事
お問い合わせは支部メールにてお願いします。
カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR