おすすめ棋書紹介1 矢倉編 

みなさん、夏休みはいかがお過ごしでしょうか。
中條先生も仰っていましたが、夏休みはライバルに差をつけるチャンス!
ということで、もっと将棋が強くなりたい方へ、おすすめの棋書を紹介したいと思います。
記念すべき第1回目は矢倉に関する棋書です。
矢倉は「攻めは飛車角銀桂(香)」「玉の囲いは金銀三枚」の格言通りの戦法です。
全ての駒が働くため、盤面全体を広く見て戦わなくてはいけません。
難しい分、それが大局観の向上にもつながります。
矢倉は、将棋の基礎体力を高めるのに格好の教材、と言ってもいいでしょう。
では、おすすめ棋書の紹介です。

1、初段に勝つ矢倉戦法

矢倉の入門書として最適な一冊。
将棋教室の生徒さんの対局を見ていると、矢倉戦になっていることが多いです。
囲いまではいいのですが、その後の攻め方で悩んでいる場面をよく見かけます。
「囲った後、どう指せばいいのかわからない…」
そんな人にはこの本がピッタリ!
スズメ刺し、▲4六角・3六銀・3七桂の理想形からの攻め、▲2六角・3六銀・3七桂の理想形からの攻め、棒銀、▲4六銀戦法、先手急戦矢倉…と矢倉の基本的な攻め筋がとてもわかりやすく解説されています。
この本の内容をマスターできれば、教室では矢倉戦なら無敵になれるはず!

2、羽生の頭脳(3)最強矢倉

1の本をマスターするだけでも小中学生レベルなら素晴らしいのですが、強い人と矢倉で対局した場合、なかなか1の本のようには組ませてくれません。実を言うと、1の本は後手が少し損な手を指しているからです。
「強い人とも矢倉で互角の勝負をしたい!」そう思ったらこの本で勉強しましょう。
この本には、本格的な▲3七銀戦法、森下システム、後手の急戦といった戦法が書かれています。
少し古い戦法もりますが、プロの棋士も時々指すことがあるくらい、有力なものもあります。
ただし、内容的にはかなり難しくなります。

3、最新矢倉戦法

2の本が少し古い戦法を紹介しているのに対し、こちらはその名の通り「最新」の矢倉戦法を紹介しています。(厳密にはもう最新ではないのですが…)
プロの将棋で盛んに指されている「▲4六銀・3七桂戦法」をわかりやすく解説しています。
この戦法の入門書としては、この本が一番わかりやすいでしょう。
ただし、2同様、内容はかなり難しいです。

この3冊をしっかり勉強すれば、苫小牧支部の大人相手でも(注:中條先生を除く)、矢倉でいい勝負ができるようになるはずです。

目指せ、矢倉マスター!

8月9日追記
教室の初級コースで管理人が講師を務めたときは、次のような形からの仕掛けを勉強しました。

その1 棒銀
10080901
▲1五歩△同歩▲同銀、から端に殺到。
▲同銀に△1三歩と謝ってきたら、▲2四歩から総交換して、▲4六歩-4五歩。

その2 矢倉理想形(▲2六角・3六銀・3七桂)
10080902
▲4五歩△同歩▲4四歩△同銀▲4五銀!△同銀▲4四歩…から4筋突破。

矢倉の攻めの基本としては、この2つをマスターするのがいい、と私は考えているんですが、どうでしょう?S君(笑)





(管理人S)
プロフィール

日本将棋連盟苫小牧支部

Author:日本将棋連盟苫小牧支部
FC2ブログへようこそ!当支部へのお問い合わせは…tomakomaishogi-receiveonly☆yahoo.co.jp
※☆を@に変えてご送信下さい。

小中学生将棋教室生徒募集中!
小中学生将棋教室ポスター
お問い合わせは支部メールにてお願いします。
カウンター
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR